心臓周囲脂肪と心血管病:メタ解析

臨床研究

目的

心臓周囲脂肪は内臓脂肪の一種であり、アディポカイン分泌の制御に関与している。心臓周囲脂肪の増加によるアディポカインの分泌異常は、心血管リモデリングを促進し、心血管イベント発症のリスクとなることが報告されている。しかし、心臓周囲脂肪の増加は、心血管リモデリングまたは心血管アウトカムとは関連しないとの報告もある。研究結果の相違の原因として、対象患者の背景の違い、心血管リモデリング・心血管アウトカムの定義の違い、各々の研究における検出力不足等が考えられる。本研究では、これまでに報告された研究のシステマティックレビュー・メタ解析を行うことにより、心臓周囲脂肪と心血管リモデリングおよび心血管イベント発症リスクの関連を検証する。本研究により、心臓周囲脂肪評価の臨床的意義を明らかにすることを目指す。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別


    年齢

    18歳 以上上限なし


    選択基準

    (1) 心臓周囲脂肪の容積をCTまたはMRIで計測していること (2) 心臓機能、心臓構造、または心血管アウトカムを報告していること (3)心臓周囲脂肪の容積と心臓機能、心臓構造、または心血管アウトカムの関連を報告していること


    除外基準

    ケースコントロール研究

    治験内容

    観察研究


    主要結果評価方法

    心血管死および心不全入院の複合エンドポイント


    第二結果評価方法

    心血管イベント(心血管死および心不全入院)、心臓構造、心臓機能

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)