薬物治療を経験した婦人科がん患者および医療関係者におけるShared decision makingの現状および意思決定に影響する因子を抽出する横断的観察研究

臨床研究

目的

薬物治療を経験した子宮体がんと卵巣がん患者および婦人科悪性腫瘍の診療に関わっている医療関係者(医師,薬剤師,看護師)を対象とし,Webを用いたアンケート調査により日本のShared decision makingの実施状況を把握する。さらに,最適なShared decision making を実施するため,患者の薬物療法に関する選好因子や医療関係者への期待を抽出し,医療関係者の考えとの相違や類似点を明らかにする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

【患者】・Webアンケート調査に同意した患者・18歳以上の患者・研究参加時に日本に居住している患者・子宮体がん,卵巣がん/卵管がんの化学療法を受けたことがある患者【医療関係者】・Webアンケート調査に同意した医師,看護師,薬剤師・婦人科がんの薬物治療に従事したことがある医師,婦人科がんの化学療法の投与に関わったことがある看護師または薬剤師


除外基準

【患者】・本人もしくは家族に製薬企業勤務者,市場調査もしくはマーケティング関連企業勤務者,医療関係者が含まれる患者・子宮体がん,卵巣がん/卵管がん以外の重複がんを有する患者【医療関係者】・医師としての経験年数(研修期間も含む)が5年未満の医師・経験年数が1年未満の看護師,薬剤師

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

・SDMの現状(患者の意思決定への自身の価値観反映の希望度と実態)・患者および医療関係者間における薬物治療の選択時に重視する項目の相違


第二結果評価方法

・患者および医療関係者の意思決定への多職種介入の希望度と希望職種・意思決定タイプと関連する背景因子・患者が経験した最も苦痛だった副作用の同定

利用する医薬品等

一般名称

販売名