林業作業員における作業前後の主観的疲労度と酸化ストレスの関連性についての研究

臨床研究

目的

林業作業者を対象に、作業前後での主観的な疲労度(VAS、アンケート)と客観的指標(心拍数、心拍変動、体水分量、d-ROMs、 BAPテストなど)の関連性を検討すること。合わせてウェアラブルデバイスで収集可能な3軸角速度、3軸加速度をもとに従事している作業種の識別を行うこと。

お問い合わせ情報

組織

国立大学法人浜松医科大学


メールアドレス

M20013@hama-med.ac.jp


電話番号

090-8472-8354

お医者様とご相談ください

治験内容の理解には医学的な知識が必要です。

治験実施組織に直接お問い合わせになる前に、受信中のお医者さまとご相談してください。

参加条件

性別

男性・女性


年齢
下限なし上限なし

選択基準

本研究への参加について、本人による同意書への署名により同意が取得できた者


除外基準

ペースメーカー、埋め込み型除細動器を埋め込まれている者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

酸化ストレス指標:d-ROMsテスト


第二結果評価方法

1) 酸化ストレス指標:BAPテスト2) VAS3) 体重4) 体水分量5) 心拍数、心拍変動

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

国立大学法人浜松医科大学


住所

静岡県浜松市東区半田山1-20-1

LOADING ..


同じ対象疾患の治験

(1件)