知覚・疼痛定量分析装置Pain Vision PS-2100を用いた肺切除術後疼痛評価

臨床研究

目的

feasibility studyとして肺切除術後の痛み度・NR

Sを測定し、NRSと比較したPain Visionの性能を

評価する

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

肺腫瘍に対して肺葉切除または区域切除を予定して

いる20歳以上の患者


除外基準

(1) 胸壁切除が予定されている患者

(2) 開胸手術歴(鏡視下手術も含む)を有する患者

(3) 高度な胸腔内癒着が予想される患者

(4) 心不全または高度な肝機能障害、腎機能障害を有する患者

(5) 精神疾患、認知障害、神経障害を有する、または

その既往のある患者

(6) 定期鎮痛薬、中枢神経作用薬を服用中である

患者

(7) 皮膚疾患治療中の患者

(8) 心臓ペースメーカーまたは他の電子的インプラ

ント使用患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

術後1日目における、相関係数を用いたNRSと痛み度の関連


第二結果評価方法

術後2,5,7日目における、相関係数を用いたNRSと痛み度の関連

患者背景因子(性別、年齢、術式、鎮痛薬など)におけるNRSと痛み度の比較

利用する医薬品等

一般名称

販売名