ロボット支援腎部分切除術 (RAPN)のVRシミュレーション研究

臨床研究

目的

RAPNのVRシミュレーション(仮想空間における最適なda Vinciポート配置の決定と、腫瘍切除と縫合についての体験)の構築と、その有用性を検討することである。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

フェーズ2

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上80歳 以下


    選択基準

    (1) RAPN手術適応と考えられるcT1腎腫瘍(腫瘍径70mm以下の腎腫瘍)と診断された患者(2) 同意取得日の年齢が20歳以上80歳以下(3) ECOGのPerformance Status(PS)が0, 1以下(4) 本人から文書の同意が得られた患者


    除外基準

    (1) アレルギー、腎機能低下により術前造影CTの施行が困難な患者(2) その他、研究責任(分担)者が研究対象者として不適当と判断した患者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    Trifecta達成率 (①切除断端陰性、②WIT 25分以内、③周術期合併症なし)


    第二結果評価方法

    • Cre変化量、ヘモグロビン変化量、CRP変化量、尿中赤血球数・白血球数変化量• 手術時間、コンソール時間、コンソール時間、ロボット操作開始から動脈・腫瘍同定までの時間、出血量の比較• 執刀医によるVR有用性に関するアンケート項目を用いた回答の傾向

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)