非特定臨床研究

膵臓の病気に対する内視鏡的細胞診断法の比較試験

治験詳細画面

目的


この治験は、膵臓の病気に対する治療方法の比較を行うもので、従来の針と新しい針の有用性を検証することが目的です。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

10 mm以上の膵充実性病変

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性でも女性でも参加できます。ただし、膵臓に10mm以上の病気があって、組織診断が必要な場合、または血液検査で骨髄機能が保たれている場合、そして一週間以内に抗血栓薬を使用していない場合、そして本人が文書による同意を出している場合に限ります。ただし、感染症や重篤な合併症、重症の精神障害がある場合、または研究責任者や研究分担者が安全に実施できないと判断した場合は、参加できません。

治験内容


この治験は、新しい針を使って膵臓の病気の組織を採取する方法を比較するものです。対象となる病気は、10ミリメートル以上の大きさの膵臓の腫瘍です。主な評価方法は、従来の針と新しい針の組織採取率を比較することです。また、新しい針同士の比較や、組織学的な診断能力、初めての穿刺の成功率、穿刺のしやすさ、偶発的な合併症(出血、穿孔、膵炎など)なども評価します。名古屋大学の症例については、コア組織の長さや面積も比較します。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

名古屋大学大学院医学系研究科

愛知県名古屋市、昭和区、鶴舞町65

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。