その他

子どもの気管挿管方法の比較:シミュレーターを使った気管支鏡ガイド下気管挿管とビデオ喉頭鏡併用気管支鏡

治験詳細画面

目的


小児麻酔で気道確保を短時間で成功させることは重要である。本研究では、初学者が乳幼児に気管支鏡ガイド下気管挿管を行う際に、ビデオ喉頭鏡を併用した方法と気管支鏡を単独で使用した方法のどちらがより効果的かを調べる。仮説は、ビデオ喉頭鏡を併用した方がより短時間で気管挿管を完遂できるというものである。本研究により、初学者が気道確保を行う際に、ビデオ喉頭鏡を併用することがより安全な選択肢として認知される可能性がある。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

気管挿管終了までの時間が短くなる

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、年齢や性別に制限はありません。ただし、手術室で働く看護師さんに限定されます。また、自分で参加することに同意できない場合は、参加できません。

治験内容


この治験は、気管挿管という手順を行う際に、手順がスムーズに進むようにするための研究です。具体的には、気管支鏡を使って声帯を通過するまでの時間を短くすることを目的としています。また、気管チューブを留置する際に必要な時間や回数、成功率なども評価します。これらの評価結果をもとに、より効率的な手順を見つけることが目的です。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

あいち小児保健医療総合センター

愛知県474-0038

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。