ロボットを用いた介助者の身体的負担に対する臨床研究

目的

移乗介助ロボットHug T1を使用して、移乗介助を行なった場合の介助者の身体的負担に及ぼす効果について、一般的な用手的介助方法を対照として、定量的、定性的に比較検証する。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

介助者1.6ヶ月以上の介護福祉士、ヘルパーとしての実務経験を有する者被介助者1.移乗時に介助者による何らかの援助を必要とする者2.独力、もしくは軽く支える程度で座位保持が可能な者3.身長140cm以上180cm未満、体重100kg未満の者


除外基準

介助者1.移乗介助が痛みなどの整形外科的問題により制限される者被介助者1.過去1年間に移乗に伴う骨折などの有害事象が発生したことのある者② 過去1年間に移乗に伴う起立性低血圧による意識消失が発生したことのある者③ 呼吸、循環器系の問題により30分以上の座位保持が困難な者④ 重度の関節可動域制限のため、通常の移乗介助が困難な者⑤ 重度のてんかんや発作が頻回に存在し、本研究実施中の発作の発生が予想される者⑥ 本研究の内容を理解することが難しい認知障害を有する者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

介助者の身体的負担


第二結果評価方法

介助者の業務負担介助者から見た被介護者意識介助者と被介助者の介助前後の心拍数介助時の筋電図活動量被介助者の日常生活動作と身体的負担評価、業務介護負担評価および被介護者意識評価の相関身体的負担評価、業務負担評価および被介護者意識評価の検査再検査信頼性身体的負担評価、業務負担評価および被介護者意識評価と生理学的計測値の相関移乗介助の実施状況

利用する医薬品等

一般名称

販売名