高度治療室における非挿管患者の夜間の過活動型せん妄の鎮静におけるハロペリドールとデクスメデトミジンの有効性に関する無作為化比較試験

臨床研究

目的

救急外来から高度治療室に緊急入院となった非挿管患者の過活動型せん妄に対する鎮静において、デクスメデトミジンの有効性と安全性について、ハロペリドールを対照に比較検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ4

参加条件

性別


年齢

過活動型せん妄


選択基準

除外基準

治療開始後に試験薬投与が原因と考えられる原疾患の増悪が認められた場合

過活動型せん妄を発症することなく高度治療室を退室した場合

合併症増悪により、試験の継続が不可となった場合

対象者(または代諾者)による治療中止あるいは同意撤回の申し出があった場合

治療開始後、不適格であることが判明した場合

対象者が死亡した場合

その他の理由により、研究責任医師または研究分担医師が試験の継続が難しいと判断した場合

治験内容


主要結果評価方法

第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

デクスメデトミジン、ハロペリドール


販売名

デクスメデトミジン静注液200 ɥg「ニプロ」、セレネース®注5㎎