観察研究

鼻からのチューブ挿入による影響に関する研究

治験詳細画面

目的


この治験は、気管挿管のデバイスによる経鼻挿管手技の難易度や再施行回数などを調べ、デバイスや手技者の影響を明らかにすることを目的としています。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

全身麻酔

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性でも女性でもOKです。ただし、過去に滋賀医科大学医学部附属病院で全身麻酔を受けたことがあり、その際に鼻からチューブを入れられた人が対象です。ただし、緊急手術が必要な場合や、事前にチューブを入れるのが難しいと予測される場合は参加できません。

治験内容


この治験は、手術の際に全身麻酔を使って鼻から管を入れる必要がある病気について調べるものです。研究のタイプは観察研究で、主な評価方法は、鼻から管を入れる前に喉の開き具合を何回調べる必要があるかを調べます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

滋賀医科大学医学部附属病院

滋賀県大津市瀬田月輪町

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。