ロボット手術の遠隔見学システムの構築

臨床研究

目的

婦人科ロボット手術のオンラインによる手術見学システムを評価することを目的とする。意義としてこのシステムにより見学者の移動が必要なくなり、かつ、見学者の数も増やすことが可能になる。そのため、このオンラインシステムを利用することでロボット手術の導入前のみならず、導入後にも技術的不安を感じた場合に、適宜指導をうけることが可能となる。すなわち、現時点では困難な実地見学に代わる新たな指導方法を開発することができる。また、遠隔地からでも見学することが可能になることで、都市部に偏りがちなロボット手術を地方にも普及させる手助けとなる。ひいてはロボット手術の均てん化に繋がり、全国におけるロボット手術の安全性向上が期待できる。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    下限なし上限なし


    選択基準

    すでにロボット手術を導入もしくは導入予定の施設で、本研究に同意が得られ、守秘の誓約が得られる産婦人科の専攻医以上の見学医師。


    除外基準

    誓約書の同意が得られない見学者

    治験内容

    観察研究


    主要結果評価方法

    A)オンラインにおいて、画像・音声といった情報がクリアに伝わり、十分な見学の意図がみたされたかどうか、B)指導・説明が双方向で十分になされているか、C)実際の手術実施に必要な操作・術式の理解が得られたかどうか


    第二結果評価方法

    A)の5項目、B)の5項目、C)の8項目について、5段階(1~5点)で評価した点数のそれぞれの合計

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)