非特定臨床研究

心拍数計を身に着けたアプリで不整脈の重症度を診断する研究

治験詳細画面

目的


この研究は、新しいウェアラブルセンサを使って不整脈を診断するアプリケーションの精度を確認することを目的としています。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

心房細動

フェーズ3

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で、男性でも女性でも参加できます。ただし、2023年1月1日から2023年12月31日の間に12回の心電図検査を受けることができる人が対象です。治験に参加できない人は、12誘導心電図検査やウェアラブルセンサの装着が難しい人、ペースメーカーを持っている人、または主治医が治験に適さないと判断した人です。

治験内容


この治験は、心房細動という病気を対象にしています。治験のタイプは介入研究で、フェーズ3になります。治験の主な目的は、不整脈重症度診断アプリケーション解析の結果と12誘導心電図の不整脈診断の一致率を調べることです。また、apple watchとの不整脈診断精度の比較も行われます。治験の結果は、不整脈の診断方法の改善につながるかもしれません。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

京都大学大学院医学部附属病院

京都府4 Shogoin Kawahara-cho, Sakyo-ku, Kyoto, Japan

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。