味物質が唾液分泌に与える影響に関する研究

目的

健常な口腔機能を維持するためには円滑な唾液分泌は重要な因子の一つである。味覚は唾液の分泌に影響を及ぼす因子であり、味物質による味覚刺激により一過性に唾液流出量が増加することはこれまで国内外で多数報告されている。しかしながら、これらの味覚が長時間口腔内に存在することによって、唾液の分泌にどのような影響を与えるかは明らかになっていない。そこで本研究は、口腔内に長時間存在しても不快感が少ないと想定されるうま味、および甘味刺激に焦点を当て、長時間の味覚刺激による唾液分泌量への影響を評価することを目的とした。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

岡山大学病院に所属する教職員および学生のうち20歳以上の健常成人


除外基準

・内分泌性、免疫学的疾患、肝障害、腎障害または頭頚部癌に対する化学療法および放射線療法の既往のある者

・亜鉛欠乏症

・口渇に直接影響を与える可能性のある薬物療法を受けている者

・サクソンテストの刺激時唾液が2g以下の者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

唾液分泌量の経時的変化


第二結果評価方法

味強度の自覚的評価

利用する医薬品等

一般名称

販売名