動脈瘤性くも膜下出血患者における年齢と臨床転帰の非線形相関を可視化するための一般化加法モデルの開発と妥当性の検証研究

臨床研究

目的

我々は動脈瘤性くも膜下出血(SAH)患者における年齢と予後不良の非線形相関を定性的に可視化した。しかし、これらのモデルは独立したコホートでは検証されていない。本研究の目的は,動脈瘤性くも膜下出血患者において,年齢と予後不良の非線形相関を可視化する予測モデルを,別のコホートを用いて定量的に検証することである.

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上89歳 以下


選択基準

性別、人種、民族の制限はなく、患者の年齢も18歳から89歳までと幅広い。 患者年齢18歳~89歳 、発症前のmodified Rankin Scale(mRS)スコア2未満、嚢状動脈瘤、通常サイズの動脈瘤、嚢状単幹動脈瘤破裂、発症後3日以内に外科的クリッピングまたは血管内コイリングで治療した患者


除外基準

解離性動脈瘤、感染性または外傷性の偽動脈瘤、巨大動脈瘤(25mm以上)、または起源不明または記録されていない動脈瘤の患者、分析した変数のいずれかに欠測がある患者。脳脊髄液ドレナージ、保存的管理、ラップ、トラップ、異常動脈瘤に対するバイパス手術、近位親動脈閉塞のみを受けた患者、発症前の修正ランキンスケール(mRS)スコアが2以上の患者、発症後3日以内に治療が行われなかった患者。

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

退院時modified Rankin Scale (mRS) score


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報