希釈式自己血輸血の最適な保存方法に関する検討

臨床研究

目的

希釈式自己血輸血は外傷性の大量出血に対して適しているとされる一方で、心臓手術では周術期の輸血率を減少を示すことがほとんどできていない。希釈式自己血輸血の手術室での保存方法は様々であった。自己血採取後平均1時間後の血漿成分を調べた報告では、室温振盪保存下での凝固・血小板因子の低下を証明していたが、全血輸血を必要とするような大血管手術などの実臨床では、希釈式自己血輸血の投与はさらに時間が経過したものを投与している。また、凝固因子の保存という観点では4度が最適とされており、より良い希釈式自己血輸血の保存方法の検討が望まれる。

 そこで今回我々は、上肢の静脈より30gずつ合計60gの採血を行い、これらを4度と室温(22−24度)での振盪保存下における長時間の凝固因子・血小板の変化を観察を行う。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上69歳 以下


選択基準

直近の一般健康診断で再検査が必要とならなかった人


除外基準

体重40kg未満の者、妊娠している者、過去4週間以内に全血献血を行った者、60ml全量採血ができなかった者、内服薬のある者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

4度・手術室温(22度)での、希釈式自己血の凝固機能(フィブリノーゲン・プロトロンビン活性値・プロトロンビン時間・プロトロンビン時間国際標準比・活性化部分トロンボプラスチン時間)の推移


第二結果評価方法

4度・手術室温(22度)での、希釈式自己血のヘモグロビン・ヘマトクリット値・動脈血液ガス検査・血小板(数/形態)の推移

利用する医薬品等

一般名称

販売名