膵癌における術前化学療法後のEOB-MRIによる肝転移検出能の検討

臨床研究

目的

近年、切除可能膵癌に対して術前化学療法(NAC)施行後に手術を行うことが標準的な治療戦略と位置づけられるようになった。膵癌肝転移検出についてEOB-MRIの有効性がこれまで報告されてきたが、既報はいずれもNACを行わない手術先行症例においての研究であり、NAC後の肝転移についてEOB-MRIの有効性を評価した報告はこれまでにないのが現状である。今回、膵癌に対して手術を企図した症例において、NAC後に造影CTに加えてEOB-MRIを施行することで肝転移診断におけるEOB-MRIの有効性を検討することを目的として研究を計画した。本研究で、造影CTと比較してEOB-MRIで、より正確に肝転移の有無をNAC後に評価できることが判明すれば、不必要な手術を回避し、手術を行った症例においては予後をより延長できる可能性がある。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

・膵癌と病理学的に診断されNACを施行する症例・Resectable膵癌もしくはBorderline resectable膵癌に相当する症例


除外基準

造影CTもしくはEOB-MRI禁忌を有する症例・Performance status 2,3,4の症例・20歳未満の症例

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

NAC後の肝転移診断におけるEOB-MRIの感度


第二結果評価方法

・NAC後の肝転移診断におけるEOB-MRIの特異度、正診率、陽性適中率、陰性適中率・NAC後に肝転移を認めるリスク因子解析

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報