オンラインで提供する運動・知的活動プログラムの認知機能への効果

目的

オンラインで提供する運動や知的活動を組み合わせたプログラムを自宅で行っていただくことが主観的な認知機能低下がある人の認知機能の向上につながるのかを検証する。また、副次的評価として、身体機能向上への影響を調べるとともに、提供するプログラムへの興味や満足度についても評価を行う。

基本情報

募集ステータス
募集中断


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    65歳 以上上限なし


    選択基準

    1)鳥取県在住の65歳以上の男女2)以下の3つのうち1つ以上当てはまる項目がある主観的な認知機能低下がある者①周りの人から「いつも同じことを聞く」などの物忘れがあると言われる②自分で電話番号を調べて、電話をかけることをしていない③今日が何月何日かわからない時がある3)自宅にインターネット環境を有し、音声や動画を流すことができるインターネット接続端末を所有する者4)メールアドレスを有する者5)自宅に運動できる場所を有する者6)自宅で知的活動を行うための道具を自分で準備できる者7)一人で運動や知的活動を実施できる者


    除外基準

    1)負荷のかかる身体活動が医師の指導で制限されている者2)座位から立ち上がることが全くできない者3)整容、食事、排便、排尿、トイレの使用、起居移乗、歩行、更衣、階段昇降、入浴といった日常生活動作を行う際に介助が必要な者4)研究開始時の認知機能検査を実施できなかった者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    オンラインで提供する運動・知的活動プログラムを実施した前後の認知機能検査の点数の変化


    第二結果評価方法

    1)オンラインで提供する運動・知的活動プログラムを実施した前後の身体機能関連評価の変化2)オンラインで提供する運動・知的活動プログラムへの参加回数3)オンラインで提供する運動・知的活動プログラムの満足度4)研究のドロップアウト率

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    実施責任組織

    LOADING ..

    同じ対象疾患の治験

    (1件)