観察研究

真空調理による食材の柔らかさに関する研究

治験詳細画面

目的


この治験は、高齢者や介護者向けの食品需要が高まる中、嚥下困難者向けの食材の軟化方法を改善し、レシピ開発や作業の標準化、作業指示書の作成を行い、家庭での利用可能性も検討し、高齢者の嗜好に即した実用性の高い食事を提供することを目的としています。

基本情報


募集ステータス

募集前

対象疾患

嫌悪感

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、18歳以上であることで、性別は男性でも女性でも構いません。健康な人であれば、高齢者も参加できます。ただし、食物アレルギーがある人は参加できません。治験の説明を受け、参加に同意した人が参加できます。

治験内容


この治験は、嫌悪感という病気について調べるためのものです。研究のタイプは観察研究で、被験者が調理品を試食して、その味や感じ方を評価することで、効果を調べます。つまり、この治験では、嫌悪感に効く食品や料理を探すために、味や食感などを評価する実験を行います。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

広島女学院大学

広島県広島市東区牛田東4-13-1, 4-13-1 Ushita-higashi. Higashi-ku. Hiroshima

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。