マインドフルネス・トレーニングにより注意機能を改善する試み

目的

近年大学生の心理支援において,ASDなどの明確な診断を有する学生への支援はもとより,発達障害にまでは至らないがその傾向をもつ学生が一定数程度存在することが注目されており,それらの学生に対する支援をいかに行うかが議論されている。 本研究では第一調査として20歳以上の大学生・大学院生を対象として,注意機能のあり方とADHD傾向についての自記式質問紙調査を行い,結果を相関分析によって分析し,どのように関連しているのかについて検討する。また,第二調査として大学生にマインドフルネス・トレーニングを行い,マインドフルネスが向上していることを確かめたうえで,注意機能とADHD傾向の変化に対する影響を検討する。これらの分析を通してADHD傾向に対するマインドフルネス・トレーニングの活用と可能性と課題について探索的に検討することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

選択基準以下の基準の全てを満たす者を対象とする。・第一調査:質問紙調査1) 年齢が20歳以上2) 持続する身体及び精神症状がない3) 説明を十分理解した上で,文書による同意を得られること   ・第二調査:マインドフルネス・トレーニング実施 1)香川大学に所属する20歳以上の大学生・大学院生 2)持続する身体及び精神症状がない 3)説明を十分理解した上で,文書による同意を得られること


除外基準

除外基準以下の者は除外する。1) 定期的な通院や服薬がある者2) その他研究責任者が不適当と判断した者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

・ADHD傾向の尺度:成人期のADHD自己記入式症状チェックリスト,18項目(Kessler RC, Adler L, Ames M, et al,2004)・持続的注意:日常的注意経験質問紙の下位尺度「注意集中能力」12項目(篠原・山田・神田・臼井,2007)・選択的注意・分割的注意・注意の切り換え:能動的注意制御尺度18項目(今井・熊野・今井・根建,2015)


第二結果評価方法

マインドフルネスの尺度:サザンプトン・マインドフルネス尺度日本語版16項目(上地,印刷中)

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報