口腔内スキャナの有効な活用法

臨床研究

目的

本研究では,①口腔内スキャナを要する患者さんのデータ蓄積を行い,その有効性(安全性,コスト等)を検討すること,②実際の患者に装着された暫間被覆冠を含む補綴装置の装着前および一定期間装着後の咬合面を口腔内スキャナにてスキャニング,咬耗・摩耗量の定量評価手法を確立すること,および,最終補装置の咬合面形態を設計する際の指標構築の基礎とすること,にあります.

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    下限なし上限なし


    選択基準

    徳島大学病院歯科に受診中の患者のうち,本研究の趣旨を理解し同意を得られた者従来の印象採得法では,窒息,誤飲等のリスクが高い者補綴治療を要する患者あるいは,CAD/CAM冠による治療が可能な者


    除外基準

    本研究に関して同意を得られなかった者

    治験内容

    観察研究


    主要結果評価方法

    印象採得時間診療コスト補綴物製作時間不快感に関する主観評価口腔内データ保管の有効性


    第二結果評価方法

    装着した補綴装置の摩耗状況

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)