新型コロナウイルスワクチン追加接種による血清抗体価の推移と健康状態に関する実態調査: COVID-19研究

臨床研究

目的

新型コロナウイルス感染症は2019年12月に発症が確認され、その後、世界的な感染拡大をもたらしている。新型コロナウイルス感染症に対する予防策として、ワクチン接種は重要な位置づけであり、本邦では2021年2月にワクチン接種が導入された。ワクチン接種による予防効果が明らかにされつつある一方、ワクチン接種後一定期間経過すると抗体価が低下することが認識されつつある。抗体価の低下に対する対策として、ワクチン追加接種が開始される。本研究では、新型コロナウイルスワクチン追加接種予定の学園職員で本研究への参加に同意された方を対象として、新型コロナウイルスワクチン追加接種による血清抗体価の推移と健康状態に関する実態を調査する。

基本情報

募集ステータス
募集終了


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

jRCT1061200057に参加されており、2021年12月に新型コロナウイルスワクチン追加接種予定の学園職員で本研究への参加に同意された方


除外基準

特記事項なし

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

ワクチン接種前後の血清抗体価の推移


第二結果評価方法

ワクチン接種前後の健康状態調査

抗体価の推移に関与する背景因子の解析結果

利用する医薬品等

一般名称

ウイルスワクチン類 生物学的製剤基準 コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)、ウイルスワクチン類 生物学的製剤基準 コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)、ウイルスワクチン類 生物学的製剤基準 コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン(遺伝子組換えサルアデノウイルスベクター)、(研究用)HISCL SARS-CoV-2 S-IgG試薬、(研究用)HISCL SARS-CoV-2 S-IgGキャリブレータ


販売名

コミナティ筋注、COVID-19ワクチンモデルナ筋注、バキスゼブリア筋注、(研究用)HISCL SARS-CoV-2 S-IgG試薬、(研究用)HISCL SARS-CoV-2 S-IgGキャリブレータ