VR(Virtual Reality)技術を応用した手指衛生行動改善のための教育ツール開発

臨床研究

目的

VRコンテンツが手指衛生行動の改善に寄与しうるかを調査する

参加条件

性別

新型コロナウイルス感染症:バーチャル・リアリティ:疑似体験:手指衛生:5モーメンツ


年齢

健常人:本研究に参加することで手指衛生の重要性を体得することができる


選択基準

男性・女性


除外基準

① 研究対象者から同意の撤回があった場合

② その他の理由により,研究責任者が研究の中止が適当と判断した場合

治験内容

二重盲検


主要結果評価方法

WHO Hand Hygiene 5 momentsに基づくシミュレーション形式で評価する


第二結果評価方法

アルコール使用量

利用する医薬品等

一般名称

販売名