ARDS患者に対するV-V ECMO管理中の至適PEEPの検討

臨床研究

目的

V-V ECMO管理中のHigh PEEP管理群とLow PEEP管理群でどちらがより早期に肺障害を改善するのかを検討すること

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    18歳 以上80歳 以下


    選択基準

    ① 同意取得時の年齢が18歳以上,80歳以下の者② 重症ARDSと診断され,かつV-V ECMO管理を導入することが決定した者


    除外基準

    ① V-V ECMO導入前にすでに別の種類の人工心肺管理をしている症例② 気管挿管後7日以上経過している症例③ 循環動態が不安定な症例 (心臓エコー検査にて収縮能が40%未満)④ 気胸・エアリーク症候群を合併している症例⑤ 胸部外傷症例⑥ 明らかに肺外性の原因によると思われるARDS症例⑦ 妊娠及び授乳中の女性⑧ その他,研究責任者または研究分担者が不適当と認めた者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    28日までのECMO離脱生存日数


    第二結果評価方法

    28日死亡,60日までの病院内死亡,60日までの人工呼吸離脱日数,ICU滞在日数

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    実施責任組織

    LOADING ..

    同じ対象疾患の治験

    (1件)