発達障害児における論理的推論能力の特性と介入効果の検討:コンピュータプログラムを用いた取り組み

目的

自閉スペクトラム症 (Autism spectrum disorder; 以下,ASD) は,主に乳幼児期に発現する障害である (傳田, 2017)。米国におけるASDの有病率は59人に1人 (約1.7%) の割合で存在すると報告されている (Hyman et al., 2020)。一方で,我が国における有病率は約3.2%で,およそ32人に1人の割合でASD児がいる可能性が示されている (Saito et al., 2020)。本研究はASD児の障害特性の個人差と論理的推論能力,およびその神経基盤との関連を明らかにし,コンピュータプログラムを用いた論理的推論能力のトレーニング効果を検討することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

6歳 0ヶ月 以上10歳 0ヶ月 未満


選択基準

療育施設に通う6歳~9歳 (含む) までの児 (療育手帳,もしくは受給者証を交付された),30名 (ASDの診断有無,および性別は問わない)。


除外基準

選定基準年齢 (6歳~9歳) 以外の児。肢体不自由児。また,言語理解が難しく,課題を最後まで遂行できない児は除く。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

自閉症スペクトラム指標、Reverse Stroop task中の脳活動 (前頭葉)


第二結果評価方法

ウェクスラー式知能検査、レ―ヴン色彩マトリックス検査

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報