その他

人工股関節手術後の患者に対する段階的な起立・歩行プログラムの効果

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、人工股関節置換術後の初回離床時に段階的離床プログラムを導入することで、起立性低血圧の自覚症状軽減の効果と血圧の変動の有無を検討することです。先行文献では、このプログラムが有効であることが示されており、本研究では独自のプログラムを作成して検証します。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

人工股関節

フェーズ2

参加条件


この治験に参加できる人は、20歳以上で、同意が得られた方で、令和4年度に4階西病棟に入院され全人工股関節置換術を受けた方です。ただし、認知症の方や大きな骨移植が必要な方、術後に感染や静脈血栓、神経麻痺、脱臼などの合併症がある方、股関節の安定性がない方、起立性低血圧がある方、自律神経障害を持つ方は参加できません。

治験内容


この治験は、人工股関節置換術を受ける患者さんを対象に、治療の効果を調べるための研究です。治験のフェーズは2で、治療の安全性や有効性を確認するために行われます。主な評価方法は、車椅子移乗後の血圧変動や、安静時や車椅子移乗後の血圧や脈拍、SPO2の変動、起立性低血圧の自覚症状の有無、痛みの増減などです。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

福岡大学病院

福岡県福岡市城南区七隈7丁目45-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。