非特定臨床研究

「イソ吉草酸血症に対するグリシン投与の効果」という治験のタイトルを、医療に詳しくない人が理解できるようなタイトルに日本語で変換すると、「グリシンの投与がイソ吉草酸血症に効果的かどうかの研究」となります。

治験詳細画面

目的


イソ吉草酸血症の治療において、イソ吉草酸が体内に蓄積する原因となるIVD欠損を改善し、尿中に排泄されるイソ吉草酸の量を軽減することで、急性期だけでなく長期的な治療にも成功することを目的としている。

対象疾患


イソ吉草酸血症

参加条件


募集中

この治験に参加できる人は、年齢や性別に制限はありません。ただし、平成18年3月から令和5年3月の期間に琉球大学医学部附属病院でイソ吉草酸血症と診断された人に限ります。ただし、本人または代理人から参加を拒否された場合は参加できません。

治験内容


この治験は、イソ吉草酸血症という病気について研究するものです。治験のタイプは介入研究で、患者さんに治療法を試してもらいます。主な評価方法は、急性代謝性発作の回数を調べることです。また、血液アシドーシスの程度や知能検査、血液中のアンモニアやグリシン、遊離カルニチン、イソ吉草酸カルニチンなどの項目も調べます。これらの評価方法で、治療法が効果的かどうかを調べます。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

グリシン

販売名

グリシン (JP18) <US>

実施組織


琉球大学病院

沖縄県中頭郡西原町字上原207

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。