タズベリク®錠200mg 特定使用成績調査- 再発又は難治性のEZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫患者(標準的な治療が困難な場合に限る)における安全性に関する調査(全例調査)-

治験

目的

本調査は,国内臨床試験の症例数が限られていることから,再発又は難治性のEZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫患者に対するタズベリク錠200 mg(以下,本剤)の使用実態下における以下の事項を把握することを目的とする。

(1)副作用の発現状況

(2)骨髄抑制,感染症,二次性悪性腫瘍及び光線過敏症の発現状況

(3)骨髄抑制及び感染症の発現に影響を与えると考えられる要因

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

1. EZH2遺伝子変異陽性の再発又は難治性の濾胞性リンパ腫患者

2. タゼメトスタットの投与例患者を含む


除外基準

タズベリクの成分に対して過敏症の既往歴のある患者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

副作用及び重篤な副作用の発現状況


第二結果評価方法

1.骨髄抑制及び感染症の発現に影響を与えると考えられる要因

2.奏効率

利用する医薬品等

一般名称

タゼメトスタット臭化水素酸塩


販売名

タズベリク®錠200mg