ウイルス学的に抑制されている慢性B 型肝炎ウイルス感染患者を対象に,JNJ-73763989,JNJ-56136379,核酸アナログ製剤,及びペグインターフェロンα2a の投与の有効性,安全性,忍容性,及び薬物動態を評価する第2 相,非盲検,単群,多施設共同試験

目的

治験薬(JNJ-3989 + JNJ-6379 + 核酸アナログ製剤(NA) 及びペグインターフェロンα-2a(PegIFN-α2a))のHBsAg 濃度に基づく有効性を評価すること

基本情報

募集ステータス
募集終了

対象疾患

慢性B型肝炎


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上65歳 以下


選択基準

・慢性HBV 感染を有している,B 型肝炎ウイルスe 抗原(HBeAg) 陽性,又は陰性でスクリーニングの6 カ月以上前からNA による治療を受けておりウイルス複製が抑制されている

・スクリーニング時の身体所見,病歴,バイタルサイン,及び12 誘導心電図(EDC)に基づき,医学的に安定している

・体格指数(BMI)は18.0 kg/m2 以上35.0 kg/m2 以下

・スクリーニング時に血清中HBsAg(定量的HBsAg アッセイによる評価)が100 IU/mL を超えていなければならない

・スクリーニング時のフィブロスキャンによる肝硬度の測定値が9.0 kPa 以下


除外基準

- Chronic hepatitis B virus (HBV) infection, hepatitis B e Antigen (HBeAg) positive or negative with suppressed viral replication under nucleos(t)ide analogue treatment for at least 6 months prior to screening

- Medically stable based on physical examination, medical history, vital signs, and 12-lead electrocardiogram (ECG) performed at screening

- Body mass index (BMI) between 18.0 and 35.0 kilogram per meter square (kg/m^2), extremes included

- Must have serum HBsAg greater than (>) 100 international units per milliliter (IU/mL) at screening, as assessed by qualitative HBsAg assay

- Must have a fibroscan stiffness measurement less than or equal to (<=) 9.0 Kilopascal (kPa) at screening

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

ベースラインからWeek 24 までにHBsAg が2 log10 IU/mL 以上減少した被験者の割合を評価する


第二結果評価方法

- 有害事象及び重篤な有害事象が発現した被験者の割合:Week72まで

有害事象とは,治験に参加している被験者に生じた,あらゆる好ましくない医療上のできごとをいう。有害事象は必ずしも治験中の医薬品の投与との因果関係が認められるもののみを指すわけではない。

重篤な有害事象とは,以下の転帰のいずれかに至った有害事象,又はその他の理由で重要とみなされる有害事象である。死亡,死亡につながるおそれのある症例,入院又は入院期間の延長が必要なもの,永続的又は顕著な障害/機能不能に陥るもの,先天異常をきたすもの

- 安全性及び忍容性として,バイタルサイン及び臨床的に重要な臨床検査値の異常が認められた被験者数:Week72まで

バイタルサイン及び臨床的に重要な臨床検査値の異常が認められた被験者数を評価する

- 12誘導心電図(ECG)の異常が認められた被験者の割合:Week 28まで

12誘導心電図に異常(心拍数, PR,QRS及び補正QT[QTc])が認められた被験者の割合を評価する

- 安全性及び忍容性として,眼科及び身体所見の異常が認められた被験者数:Week24まで

眼科及び身体所見で異常が認められた被験者数を評価する

- 治験薬投与終了時(EOSI)に治験実施計画書で規定した核酸アナログ(NA)投与完了基準を満たした被験者の割合:Week72まで

EOSI時点で治験実施計画書に規定したNA投与完了基準を満たした被験者の割合を評価する

- B型肝炎ウイルスe抗原(HBeAg),HBsAg,B 型肝炎ウイルス(HBV)デオキシリボ核酸(DNA)及びALT値が認められた被験者の割合:Week72まで

HBeAg,HBsAg,HBV DNA及びALT の値がそれぞれのカットオフ値を下回る/上回る被験者の割合を評価する

- HBsAg 及びHBeAgのセロコンバージョンが認められる被験者の割合:Week72まで

HBsAg 及びHBeAgのセロコンバージョン(単位:IU/ML)が認められる被験者の割合を評価する

- HBsAg,HBeAg,及びHBV DNA のベースラインからの経時的な変化:ベースライン及びWeek72

HBsAg,HBeAg,及びHBV DNA (単位:IU/mL)のベースラインからの経時的な変化を評価する

- HBsAg,HBeAg及びHBV DNAのセロクリアランス/セロコンバージョンを達成するまでの期間:Week72まで

HBsAg,HBeAg及びHBV DNAのセロクリアランス/セロコンバージョン(単位:IU/mL)を達成するまでの期間を評価する

- ウイルス学的ブレイクスルーが認められた被験者の割合:Week 72まで

ウイルス学的ブレイクスルーが認められた被験者の割合を評価する

- HBV DNA量がLLOQ(定量下限) 未満である被験者の割合:Week48時点

HBV DNA量がLLOQ(定量下限) 未満である被験者の割合を評価する

- ウイルス学的/生化学検査上の再燃の発生割合:Week72まで

ウイルス学的/生化学検査上の再燃の発生割合を評価する

- NA の再投与が必要な被験者の割合:Week72まで

NA の再投与が必要な被験者の割合を評価する

- JNJ-3989の血清中濃度:投与前及び投与後15分,30分,1時間,2時間,3時間,4時間,6時間,8時間,10時間,及び24時間(Day 29及びDay 141)

血清試料を分析して,JNJ-3989の濃度を測定する

- JNJ-6379の血清中濃度(任意):投与前及び投与後15分,30分,1時間,2時間,3時間,4時間,6時間,8時間,10時間,及び24時間(Day 29及びDay 141)

血清試料を分析して,JNJ-6379の濃度を測定する

- ヌクレオシ(チ)ドアナログの血清中濃度(任意):投与前及び投与後15分,30分,1時間,2時間,3時間,4時間,6時間,8時間,10時間及び24時間(Day 29及びDay 141)

血清試料を分析し,ヌクレオシ(チ)ドアナログの濃度を測定する

- PegIFN-alpha2aの血清中濃度(任意):投与前及び投与後15分,30分,1時間,2時間,3時間,4時間,6時間,8時間,10時間,及び24時間(Day 29及びDay 141)

血清試料を分析し, PegIFN-α2の濃度を測定する

利用する医薬品等

一般名称

JNJ-73763989、Tenofovir disoproxil、Tenofovir Alafenamide(TAF)、Entecavir hydrate、PegIFN-alpha2a


販売名

なし、Viread(EU/US)、Vemlidy(EU/US)、Entecavir(EU/US)、Pegasys(EU/US)

組織情報

実施責任組織

ヤンセンファーマ株式会社


住所

東京都千代田区西神田3-5-2