M605106の短時間接触療法による尋常性ざ瘡を対象とした第II相試験―用量設定試験―

目的

尋常性ざ瘡患者にM605106を1日1回一定期間短時間接触投与した際の有効性、安全性及び至適用量を、M605106プラセボを対照としたランダム化、二重盲検、並行群間比較、多施設共同試験により検討する。 有効性の主要評価項目は、総皮疹数の減少率とする。安全性は、有害事象、臨床検査値及び皮膚安全性スコア(鱗屑、紅斑)により評価する。

基本情報

募集ステータス
募集終了

対象疾患

尋常性ざ瘡


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

12歳 以上49歳 以下


選択基準

12歳以上、49歳以下の尋常性ざ瘡患者


除外基準

・重篤な心・肝・腎・肺・血液疾患等、治験参加に不適当と考えられる疾患を合併している患者

・治験薬成分に対する過敏症の既往がある患者

・妊娠、授乳中の患者

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

一定期間後の総皮疹数の減少率


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

M6051


販売名

なし

組織情報

実施責任組織

マルホ株式会社 京都R&Dセンター


住所

京都府京都市下京区中堂寺粟田町93