過去2年間に尿路感染症の既往がある60歳以上の成人を対象にExPEC9Vを接種したときの 侵襲性腸管外病原性大腸菌感染症の予防における有効性,安全性及び免疫原性を評価する ランダム化,二重盲検,プラセボ対照,多施設共同,第3相試験

治験

目的

この試験の目的は,ExPEC9VO血清型に起因する初発の侵襲性感染症(IED)の発症予防効果をプラセボと比較して9価腸管外病原性大腸菌ワクチン(ExPEC9V)の有効性を検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    60歳 以上上限なし


    選択基準

    ・尿路感染症(UTIs)の病歴及び治験の観察期間中に生じた侵襲性感染症(IED),UTI又は急性細菌性前立腺炎(ABP)が疑われる医学的事象に関する医療記録及び関連する医療情報を共有する意思がなければならない。

    ・過去2年間にUTIの既往があり,そのことが医療記録に記録されていなければならない。直近にUTIの既往がある場合,ランダム化の15日以上前までに回復していなければならない。

    ・女性被験者は,ランダム化前に閉経後又は永久避妊もしくは妊娠の意向がないのいずれかを満たさなければならない。

    ・正式な身分証明書を提供する意思があり,治験期間中に治験責任(分担)医師との連絡が可能な手段を有していなければならない。

    ・被験者又はその介護者がスマートフォン/タブレット/コンピュータを操作できなければならない。


    除外基準

    ・透析が必要な末期腎疾患を有する。

    ・筋肉内( IM)注射又は採血が禁忌である(例:出血性疾患を有する),又は採血が困難である。

    ・抗菌薬を慢性的に使用している。抗菌薬を長期投与(3週間超)又は慢性使用している場合,最後の使用がランダム化の61日以上前でなければならない。

    ・急性多発ニューロパチー(ギラン・バレー症候群等)又は慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーの既往がある。

    ・大腸菌(E. coli)又は腸管外病原性大腸菌(ExPEC)のワクチン接種を受けたことがある。

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    血液,その他の無菌部位又は尿からの微生物学的に確認された,9価ExPECワクチン(ExPEC9V)O血清型に起因する初発の侵襲性感染症(IED)イベントの被験者数:3年まで:血液,その他の無菌部位又は尿で微生物学的な確認された,ExPEC9V O血清型に起因する初発のIEDイベントの被験者数を評価する。

    血液又はその他の無菌部位から微生物学的に確認された,ExPEC9V O血清型に起因する初発のIEDイベントの被験者数:3年まで:血液又はその他の無菌部位から微生物学的に確認された,ExPEC9V O血清型に起因する初発のIEDイベントの被験者数を評価する。


    第二結果評価方法

    ExPEC9V O血清型に起因する全てのIED(同一例の複数のIEDも含む)を発症した被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する全てのIED(同一例の複数のIEDも含む)を発症した被験者数を評価する。

    ExPEC9V O血清型に起因する入院を要した初発のIEDイベントの被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する入院を要した初発のIEDイベントの被験者数を評価する。

    ExPEC9V O血清型に起因する敗血症の基準に合致した初発のIEDを発症した被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する敗血症の基準に合致した初発のIEDを発症した被験者数を評価する。

    ExPEC9V O血清型に起因する初発の菌血症性IEDの被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する初発の菌血症性IEDの被験者数を報告する。

    ExPEC9V O血清型に起因する初発の腎盂腎炎の被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する初発の腎盂腎炎の被験者数を報告する。

    ExPEC9V O血清型に起因する初発の尿路感染症(UTI)の被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する初発のUTIの被験者数を報告する。

    ExPEC9V O血清型に起因する全てのUTI(同一例の複数のUTIも含む)の被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型に起因する全てのUTI(同一例の複数のUTIも含む)の被験者数を報告する。

    ExPECのO血清型を限定しない初発のIEDの被験者数:3年まで:ExPECのO血清型を限定しない初発のIEDの被験者数を報告する。

    ExPECのO血清型を限定しない初発の腎盂腎炎の被験者数:3年まで:ExPECのO血清型を限定しない初発の腎盂腎炎の被験者数を報告する。

    ExPEC9V O血清型を限定しない初発のUTIの被験者数:3年まで:ExPEC9V O血清型を限定しない初発のUTIの被験者数を評価する。

    multiplex electrochemiluminescent (ECL)-based immunoassayにより測定した,ワクチン O抗原血清型に対する抗体価:3年まで:multiplex ECL-based immunoassayにより測定した,ワクチン O抗原血清型に対する抗体価を評価する。

    Multiplex ECL-based immunoassayにより測定した遺伝子操作で無毒化した緑膿菌由来外毒素A(EPA)に対する抗体価: 3年まで: Multiplex ECL-based immunoassayにより測定した遺伝子操作で無毒化した緑膿菌由来外毒素A(EPA)に対する抗体価を評価する。

    Multiplex Opsonophagocytic Assay (MOPA)により測定した,ワクチン O抗原血清型に対する抗体価:3年まで:MOPAにより測定した,ワクチン O抗原血清型に対する抗体価を評価する。

    局所性特定有害事象を発現した被験者数:Day 15まで(接種後14日まで):""局所性の特定有害事象を発現した被験者数を評価する。有害事象とは,治験中の被験者に生じた,あらゆる好ましくない医療上のできごとをいう。有害事象は必ずしも医薬品(治験薬を含む)との因果関係が認められるもののみを指すわけではない。局所性特定有害事象は,あらかじめ定められた局所(注射部位)のAEである。治験ワクチン接種後14日間(接種日及びその後14日間)は毎日,治験ワクチン注射部位の疼痛/圧痛,紅斑及び腫脹の発現について日誌に記載するよう,被験者に依頼する。

    全身性特定有害事象を発現した被験者数:Day 15まで(接種後14日まで):全身性特定有害事象を発現した被験者数を評価する。被験者に対し,体温計を用いて毎日体温を記録する方法,治験ワクチン接種後14日間(接種日及びその後14日間)の徴候及び症状を日誌に毎日記録する方法を指導する。全身性特定有害事象は疲労,頭痛,悪心,筋肉痛である。

    特定外AEを発現した被験者数:Day 30まで(接種後29日まで):特定外AEを発現した被験者数を報告する。特定外AEとは、被験者日誌に具体的に質問されなかったすべてのAEである。

    重篤な有害事象(SAE)が発現した被験者数:3年まで:重篤な有害事象とは、投与量にかかわらず、医薬品が投与された際に生じたあらゆる好ましくない医療上のできごとのうち、以下のものをいう。死に至るもの;生命を脅かすもの;入院又は入院期間の延長が必要なもの;永続的又は顕著な障害・機能不全に陥るもの;先天異常・先天性欠損を来すもの;医薬品(治験薬を含む)を介する感染因子伝播の疑いがあるもの;は医学的に重要である。

    Short Form-36(SF-36)総スコア:3年まで:SF-36は36項目からなる自己記入式の質問票で,振り返り期間は全ての項目で1週間である。SF 36第2版は、身体機能(PF)、身体的日常役割機能(RP)、体の痛み、全体的健康感(GH)、活力(VT)、社会的機能(SF)、精神的日常役割機能(RE)及び精神衛生(MH)を測定する8つの下位尺度で構成される。8つの下位尺度は、身体的及び精神的健康を反映するphysical component summary(PCS)とmental component summary(MCS)の2つのサマリースコアにまとめることができる。全項目に対する回答は3,5又は6ポイントのリッカート尺度で評価される。スコアは0(機能の最低又は最悪レベル)から100(機能の最高又は最良レベル)までの範囲である。

    European Quality of Life(EuroQol)5-Dimension 5-Level Questionnaire(EQ-5D-5L)スコア:3年まで:EQ-5D-5Lは健康状態の標準化された尺度である。移動の程度、身の回りの管理、ふだんの活動、痛み/不快感、不安/ふさぎ込みの5項目に加え、視覚的アナログ尺度「今日の健康」で0(考え得る限り最悪の健康状態)から100(考え得る限り最良の健康状態)までの範囲のアンカーを用いて評価する。

    フレイル指数のベースラインからの変化量:ベースラインから3年:フレイルティはベースライン時にShort Physical Performance Battery(SPPB)スコアに基づいて評価し,被験者の自己報告による健康状態に関する情報(SF-36及びEQ-5Dの一部)及び注目すべき医学的状態により収集するベースラインの健康状態を用いてフレイル指数を計算する。フレイル指数スコアの算出に使用される具体的な注目すべき医学的状態には,糖尿病,心筋梗塞の既往,うっ血性心不全,高血圧,脳血管疾患の既往(脳卒中の後遺症),慢性閉塞性肺疾患(COPD),癌,変形性関節症又は関節リウマチ,胃又は十二指腸潰瘍,長期障害又はハンディキャップ,聴覚障害,片頭痛,白内障及び緑内障が含まれる。各被験者のスコアを足し合わせて0フレイル又は考えられる最良のスコアではない)から43(フレイル又は考えられる最悪のスコア)の範囲の総フレイル指数を算出する。

    IEDに関する医療資源利用状況: Day 366 Post-IEDまで: IEDに関する医療資源利用状況を報告する。

    UTIに関する医療資源利用状況: Day 29 Post-IEDまで: UTI(無作為化前に追加免疫原性評価のために同意を取得した特定の治験実施医療機関の被験者の免疫原性評価サブセットのみ)に関する医療資源利用状況を報告する。

    急性細菌性前立腺炎(ABP)に関する医療資源利用状況: Day 29 Post-ABPまで: ABP(無作為化前に追加免疫原性評価のために同意を取得した特定の治験実施医療機関の被験者の免疫原性評価サブセットのみ)に関する医療資源利用状況を報告する。

    IED, UTI又はABPのために入院者数:3年まで:IED, UTI又はABPのために入院者数を報告する。

    IED, UTI又はABPによる入院期間:3年まで:IED, UTI又はABPによる入院期間を報告する。

    IED関連死亡及び全死因死亡者数:3年まで:IED関連死亡及び全死因死亡者数を報告する。

    利用する医薬品等

    一般名称

    ExPEC9V、プラセボ


    販売名

    なし、なし

    同じ対象疾患の治験

    (1件)