RET融合遺伝子陽性転移性非小細胞肺癌の一次治療における,Pralsetinib と標準治療を比較する第Ⅲ相非盲検ランダム化試験

治験

目的

本試験は,転移に対する全身抗癌療法による治療歴のないRET融合遺伝子陽性転移性小細胞肺癌患者を対象として,強力かつ選択的RET阻害剤であるpralsetinibが,標準療法から医師が選択したプラチナ製剤併用抗癌療法と比較して,治療成績を改善するかを主に無増悪増悪増悪生存期間(PFS)で評価することを目的とした,第Ⅲ相非盲検ランダム化国際共同試験である。対照群で疾患進行が中央判定で確認された被験者は,pralsetinib群へのクロスオーバーを選択することができる。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

転移性疾患に対する全身抗癌療法による治療歴のない局所進行切除不能NSCLC(根治的化学放射線療法が適応とならない)又は転移性NSCLCであることが病理学的に確定診断されている被験者。

•RET融合遺伝子が確認されている被験者

RECIST v1.1に従って実施医療機関の治験責任(分担)医師又は画像評価により測定可能病変を有すると判定された被験者。

•ECOG Performance Statusが0又は1の被験者。

転移性疾患に対する抗癌療法による治療歴がない被験者。

 術前又は術後補助療法として抗癌療法歴(選択的RET阻害薬を除く)があってもよいが,治療終了から再発までの期間が6カ月以上でなければならない。

 術後補助療法として,又は化学放射線療法後の地固め療法歴として免疫チェックポイント阻害薬阻害薬阻害薬の投与歴がある患者は,B群に割り付けられた場合,ペムブロリズマブの投与を受けることができない。

•B群に割り付けられた場合,治験責任(分担)医師選択プラチナ製剤併用抗癌療法のいずれかのレジメンが適応となり,その投与を受けることに同意する被験者。

•妊娠可能な女性の場合:禁欲(異性間性交を避けること)又は避妊を行うことに同意する被験者。

•男性の場合:禁欲(異性間性交を避けること)又はコンドームの使用に同意し,かつ精子の提供を控えることに同意する被験者。


除外基準

•RET以外にも,EGFR,ALK,ROS1,MET,及びBRAFのように標的となり得る変異など,既知の主要ドライバー変異を有する腫瘍の被験者。治験責任(分担)医師は,共存変異を有する腫瘍の患者の組入れについてMedical Monitorと協議すること。

•選択的RET阻害薬の投与歴のある被験者。

ランダム化前14日以内にいずれかの部位に放射線療法又は放射線手術を受けたか,ランダム化前6カ月間に肺に30 Gyを超える放射線療法を受けた被験者。

•過去12カ月以内に肺臓炎の既往がある被験者。

•CNS転移又は原発性CNS腫瘍を有しており,進行性神経症状を伴うか,CNS疾患をコントロールするために副腎皮質ステロイドの増量が必要である被験者。

ランダム化前3年以内に診断された,又は治療を必要とした別の原発性悪性腫瘍の既往を有する被験者。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

有効性

無増悪生存期間(PFS)


第二結果評価方法

安全性,有効性,その他

1. 全奏効率(ORR)

2. 全生存期間(OS)

3. 有害事象の発現率及び重症度

4. ECOG Performance Statusのベースラインからの変化,その他の特徴的な安全性及び忍容性

5. 奏効期間(DOR)

6. 臨床的ベネフィット率(CBR)

7. 病勢コントロール率(DCR)

8. 欧州癌研究治療機構Quality of Life(EORTC-QLQ)-C30質問票

9. 欧州癌研究治療機構Quality of Life(EORTC-QLQ)-LC13スコア

利用する医薬品等

一般名称

プラルセチニブ水和物(Pralsetinib)、カルボプラチン、シスプラチン、ペメトレキセド、ペンブロリズマブ、ゲムシタビン、パクリタキセル、Nab-パクリタキセル


販売名

なし、パラプラチン、ランダ、アムリタ、キイトルーダ、ジェムザール、タキソール、アブラキサン