企業治験

全般不安症/全般性不安障害の日本人外来患者を対象にしたベンラファキシンの安全性と有効性を評価する長期投与の多施設共同試験(B2411367試験完了)

治験詳細画面

目的


ベンラファキシンという薬の長期的な投与における安全性を調べるための治験です。ベンラファキシンの投与量は1日あたり75~225 mgです。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

全般不安症

フェーズ3

参加条件


この治験に参加するための条件は、18歳以上で男性または女性であることです。また、外来通院ができ、治験薬のプラセボと比較して、10週間の投与期間中に治験計画書に重大な逸脱がなく、治験薬の投与に耐えられることが必要です。ただし、治験参加前に行われる身体検査で重大な異常が見つかった場合や、治験前に見つかった異常が回復していない場合は、参加できません。

治験内容


この治験は、フェーズ3という段階で行われています。対象疾患は、全般不安症や全般性不安障害という病気です。治験の目的は、治療法の安全性を評価することです。主要な評価方法は、安全性評価項目であり、安全性解析対象集団を対象に行われます。治験に参加する人たちは、安全に治療ができるかどうかを調べるために、慎重に選ばれています。

利用する医薬品等


一般名称

ベンラファキシン

販売名

イフェクサーSR カプセル 37.5 mg / フェクサーSR カプセル 75 mg

組織情報


実施責任組織

IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社

東京都港区高輪4-10-18 京急第一ビル

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。