使用成績調査

ヒュンタラーゼ脳室内注射液15mgの一般使用に関する調査

治験詳細画面

目的


ヒュンタラーゼ注15mg脳室内投与用は、希少疾患であるムコ多糖症Ⅱ型(ハンター症候群)の治療に使用される薬剤で、2020年12月に承認されました。しかし、まだ被験者数が少ないため、安全性や有効性を確認するための全例調査が必要です。この調査は、製造販売後の使用実態を調べるものです。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

ムコ多糖症Ⅱ型

情報なし

参加条件


この治験に参加できる人は、男性で、ムコ多糖症Ⅱ型という病気で、ヒュンタラーゼ注15mg脳室内投与用をすでに受けたことがある人です。年齢に制限はありません。ただし、特別な理由がない限り、女性は参加できません。また、他に除外される条件はありません。

治験内容


この治験は、ムコ多糖症Ⅱ型という病気を対象に行われます。治験の目的は、治療効果や副作用などの情報を収集することです。患者の背景やアレルギーの有無、脳脊髄液中の物質濃度や発達年齢などを調べます。また、抗体検査や臨床検査、併用療法なども行います。治験中に起こった有害事象も記録されます。患者の状態は、開始時や一定期間ごとに測定されます。治験の結果は、新しい治療法の開発に役立ちます。

利用する医薬品等


一般名称

イデュルスルファーゼベータ

販売名

ヒュンタラーゼ脳室内注射液 15 mg

組織情報


実施責任組織

クリニジェン株式会社

東京都中央区日本橋1-16-3 日本橋木村ビル6階

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。