企業治験

KDH-136 0.3 mg/mL根管内投与液の安全性と有効性についての初期治験:歯髄壊死または抜髄処置を受けた患者に対する研究

治験詳細画面

目的


KDH-136という薬を歯の治療に使用する際の安全性と効果を調査するために、歯の根管内に投与する試験を行う。

対象疾患


歯髄壊死(initial treatment)の者もしくは抜髄処置を行った者

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

65歳以下

選択基準

本人による同意が得られる方
歯髄壊死を経験された方、または抜髄処置を受けた方

除外基準

対象となる歯に以下のいずれかの状態が見られる方: ア) 根管内での微小漏洩が防げない。 イ) 歯に破折がある。 ウ) 根尖部に破壊が確認される。 エ) 髄床底や根管壁に穿孔(穴)が存在する。
対象となる歯に以下のいずれかの状態が見られる方: ア) 根管内での微小漏洩が防げない。 イ) 歯に破折がある。 ウ) 根尖部に破壊が確認される。 エ) 髄床底や根管壁に穿孔(穴)が存在する。

治験内容


この治験は、新しい治療法や薬を試すための研究です。具体的には、歯の神経が壊れたり抜かれたりした患者さんを対象にしています。この研究では、治療の安全性や効果を調べるためのフェーズ1の試験を行います。治療の結果を評価する際には、主に安全性と効果を重点的に調べます。

治験フェーズ

フェーズ1: 健康な成人が対象

利用する医薬品等

一般名称

KDH-136

販売名

なし

実施組織


興和デンタルヘルス株式会社

東京都中央区日本橋本町3-4-14

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。