QFR(定量的冠血流比)診断精度について、オンライン計測を用いた第III相臨床試験

目的

部分冠血流予備量比(FFR)を生理的病変評価のゴールドスタンダードとし、冠動脈造影(CAG)中および冠動脈インターベンション中のQFR(定量的冠血流比)の実行可能性及び診断精度を定量的冠動脈造影(QCA)による解剖学的評価と比較し評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

安定狭心症または急性心筋梗塞後の狭窄


治験フェーズ

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

- 安定狭心症または急性心筋梗塞後の狭窄の二次評価を予定している患者

- 20 歳以上の患者

- 治験参加について被験者本人から文書にて同意が得られる患者


除外基準

- 72 時間以内の心筋梗塞のある患者

- 重度の喘息または重度の慢性閉塞性肺疾患を合併している患者

- 重度の心不全 (NYHA≧III) を合併している患者

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

FFRをゴールドスタンダードとしてQFRの診断精度の評価を行い、QCAにより解剖学的評価で治療方針を決定した場合との診断精度の違いも検討する。


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

Medis medical imaging systems


住所

東京都中央区日本橋兜町5-1, 3F