医師主導治験

難治性てんかん患者向けの脳波測定デバイスの試験

治験詳細画面

目的


難治性てんかん患者を対象に、血管内脳波測定デバイスの効果と安全性を確認するための試験を複数の施設で行います。

対象疾患


難治性てんかん
てんかん

参加条件


募集中

男性・女性

15歳以上

70歳以下

選択基準

15歳以上70歳未満の方
難治性てんかんの方(側頭葉てんかん、前頭葉てんかん、頭頂葉てんかん、後頭葉てんかん、島回てんかんのいずれかの診断を受けている方)
頭蓋内電極を留置する方
海綿静脈洞・横静脈洞・上矢状静脈洞・下錐体静脈洞などてんかん焦点に近い血管に対し、左右の頸静脈からEP-01を脳内に誘導できる血管解剖を有する方[EP-01本体の留置血管は医師の判断とする。ただし脳静脈の両側の対称位置へ誘導出来る事が確認できている事は必須とする]

除外基準

全般発作のみを有するてんかんの方
内頚静脈に閉塞・血栓がある方
出血素因および凝固異常がある方
手術時に安静を保つことが困難である方
重篤な造影剤アレルギーを有する方
金属アレルギーを有する方
責任医師または分担医師が本試験への参加を不適切と判断した方
全般発作のみを有するてんかんの方
内頚静脈に閉塞・血栓がある方
出血素因および凝固異常がある方
手術時に安静を保つことが困難である方
重篤な造影剤アレルギーを有する方
金属アレルギーを有する方
責任医師または分担医師が本試験への参加を不適切と判断した方

治験内容


この治験は、難治性てんかん患者を対象に行われています。患者さんには頭蓋内電極留置術が行われます。治験の目的は、EP-01という方法を使っててんかん焦点の側方性を診断する能力を評価することです。また、他にも様々な評価方法があります。治験のフェーズはフェーズ2で、介入研究の一種です。治験の結果は、てんかんの治療や診断に役立つ情報を提供することが期待されています。治験の安全性や効果を評価するため、慎重に進められます。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


筑波大学附属病院

茨城県茨城県つくば市天久保2丁目1番地1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。