企業治験

日本人膀胱がん患者の治療薬TAR-210の安全性と効果を調べる試験

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、日本人の被験者にerdafitinib膀胱内送達システム(TAR-210)の忍容性を調べることです。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

膀胱新生物受容体、線維芽細胞増殖因子
新生物

フェーズ1

参加条件


治験に参加できる条件は、18歳以上の男女で、膀胱の筋層非浸潤尿路上皮癌が確認され、治験薬投与前に全ての腫瘍が切除されていることが必要です。また、治験実施計画書に規定された活性化腫瘍線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)の変異又は融合を1つ以上有する患者で、ECOG performance status スコアが2以下の方が対象です。ただし、膀胱の筋層浸潤性(T2以上)尿路上皮癌や、過去にFGFR阻害薬による治療を受けた方、膀胱又は尿道の解剖学的特徴から治験責任医師の判断でErdafitinib膀胱内送達システムの安全な挿入、留置、又は抜去を妨げる可能性がある方、活動性の膀胱結石がある又は治験薬投与開始前6カ月以内に膀胱結石の既往がある方、過去の抗癌治療による毒性が回復していない方、自然経過又は治療が治験薬の安全性又は有効性に関するいずれかの試験評価項目を妨げる可能性が低い疾患以外の、併発又は二次性の悪性腫瘍を有する方、2回目の排尿後の膀胱の排尿後残尿量(PVR)が350 mL 超の方、中心性漿液性網膜症又はいずれかのグレードの網膜色素上皮剥離を有する方は除外されます。

治験内容


この治験は、膀胱の新しい病気に対する治療法を開発するために行われています。治験のフェーズ1では、治験薬の安全性と効果を調べるために、28日間の投与を行います。治験薬の副作用を調べるために、被験者の血液や尿の検査を行います。また、治験薬が投与された被験者に生じたあらゆる好ましくない医療上の出来事を調べます。治験薬による重症度は、軽度から死亡までの5段階で判定されます。治験薬の安全性と効果を調べるために、3年10カ月間の追跡調査が行われます。

利用する医薬品等


一般名称

Erdafitinib Intravesical Delivery System

販売名

なし

組織情報


実施責任組織

ヤンセンファーマ株式会社

東京都千代田区西神田3-5-2

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。