成人及び青年の好酸球性食道炎患者を対象としたCC-93538の有効性及び安全性を評価する第3相、多施設共同、国際共同、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照、導入・維持試験

目的

本治験の主要目的は、以下のとおりである。 ・24週における嚥下障害の改善について、CC-93538の有効性をプラセボと比較し評価する。 ・24週における食道組織内好酸球数の減少について、CC-93538の有効性をプラセボと比較し評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

好酸球性食道炎


治験フェーズ

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

12歳 以上75歳 以下


選択基準

1. 同意説明文書(ICF)への署名時点で12~75歳、かつ体重40kg(88.2lb)以上の患者。

2. EoEに対する抗炎症治療(コルチコステロイド等)を受けていないときの食道の(近位、中位、遠位)の内の2 つのレベルにおけるhpfあたりの好酸球数の最高値が>=15として定義される、EoEの組織学的所見が認められる患者。ランダム化前のスクリーニング期において、中央判定機関によるEGD検体判定で組織学的基準に基づくEoE診断を確認しなければならない。

3. Day1前の連続する2週間(14日間)にわたり記入した嚥下障害に関するmDSDを用いた評価により、EoEに対する抗炎症治療(コルチコステロイド等)を受けていないときの嚥下障害症状が4DD以上ある患者。スクリーニング期の最終14日間に収集したmDSDデータ中、11日間以上の日誌データがある患者。この11日間にmDSDの質問2から5までに対する回答が記入されていること。

4. 被験者は、PPI投与による十分な治療歴(ガイダンスに従い8週間)を有する必要があり、この治療でEoEに対する完全奏効が得られなかったか、継続治療で症状が消失していない必要がある。PPI投与を中止した被験者候補は、初回スクリーニング来院前の少なくとも4週間にPPI投与を受けていてはならず、かつ治験期間中にPPI投与を再開しないことに同意しなければならない。被験者候補がスクリーニング時点においてPPI剤の投与を受けている場合は、少なくとも初回スクリーニング来院前の4週間にわたり安定用量で投与されており、かつ治験期間中、常に同じ用量で継続投与することに同意しなければならない。

5. 被験者は、以下のいずれかの要件を満たさなければならない。(1)コルチコステロイド治療を受けていない又はコルチコステロイド治療で奏功した(ステロイド奏効/未治療として分類)、又は(2)コルチコステロイド治療で反応が不十分であり、かつコルチコステロイドによる継続治療が予定されていないかコルチコステロイド治療に対して不耐性である。EoEに対する全身性又は局所経口剤のコルチコステロイド投与歴がある患者については、以下の定義のいずれかに該当する場合にステロイド反応不十分/不耐性状態とする。以下のいずれかの基準を満たす場合、患者はステロイド反応不十分/不耐性(対象被験者の約70%)に分類されるため、ステロイド奏効/未治療(対象被験者の約30%)として分類できない点に注意すること。

a. コルチコステロイド治療で反応が不十分であり(反応しなかったか反応が消失した)、かつコルチコステロイドによる継続治療が予定されていない。:EoE管理に関して公表されているガイドラインに従った用量で6週間以上の嚥下局所経口剤によるコルチコステロイド治験歴か4週間以上の全身性コルチコステロイド治験歴がある患者、又は承認済み薬剤の処方情報に記載された治療期間の治験歴があり、かつ臨床的改善を達成しなかったか当初臨床的改善が認められたが治療中に反応が消失したと担当医師により判断された患者。

b. コルチコステロイド治療に対する不耐性:全身性又は嚥下局所経口剤のコルチコステロイド治療を開始したが、副作用が原因で治療期間又は用量レベルを達成できなかった(EoE以外の疾患におけるコルチコステロイド治療に対する不耐性を含む)患者、又はコルチコステロイド治療が推奨されないか禁忌となる基礎疾患がある患者。

可能であれば、治療の種類、治療期間及び転帰の詳細に関する文書を収集する。

6. 被験者は、初回スクリーニング来院時から治験期間にわたって常に安定した食事法(食物アレルギー又はEoE治療としての食材除去食を含む)を維持することに同意しなければならない。さらに被験者は、初回スクリーニング来院前4週間以上にわたり安定した食事法を維持していなければならない。被験者は、治験参加中に食事法を変更しないことに同意しなければならない。

7. 現在EoE以外の適応症に対して吸入コルチコステロイド、ロイコトリエン受容体アンタゴニスト(モンテルカスト等)かマスト細胞安定薬(クロモグリク酸ナトリウム等)の投与を受けている、又は皮膚疾患に対する中力価の局所コルチコステロイド(モメタゾンフランカルボン酸エステルクリームやローション等)の投与を受けている被験者は、少なくとも初回スクリーニング来院前4週間以上にわたり安定した用量/レジメンで継続投与されており、かつ治験期間中のレジメンは継続して安定していなければならない。最近投与を中止した被験者は、少なくとも初回スクリーニング来院の4週間以上前に投与を中止していなければならない。

8. 妊娠可能な女性被験者は、有効性の高い避妊法を使用することに同意しなければならない。有効性の高い避妊法とは、継続して適正に単独使用又は併用した場合の年間失敗率(パール指数)が1%未満の避妊法である。

妊娠可能な女性(FCBP)とは、1)初潮を既に迎え、2)子宮摘出術や両側卵巣摘出術を受けておらず、3)自然閉経(がん治療後の無月経状態は該当しない)

後24ヵ月以上経過していない(すなわち、これより前24ヵ月間のいずれかの時点で月経があった)女性を指し、以下を行う必要がある。

a. 治験薬投与開始前に妊娠検査の結果が2回陰性であることが、治験責任医師等により確認されていること。治験期間中及び16週の最終安全性追跡調査来院までの期間中に継続的な妊娠検査を受けることに同意できる。これは患者が異性との性交渉を完全に控える場合にも適用される。

b. 異性との性交渉を完全に控えるか(月に1回の頻度で確認し、原資料に記録する)、有効性の高い避妊法を治験期間中及び治験薬の最終投与から5ヵ月間常に使用することに同意し、遵守できる。本治験で許容可能な避妊法には以下が含まれる(FCBP被験者のランダム化時点までにその避妊法が有効でなければならない[ホルモン製剤による避妊はランダム割付けの28日以上前に開始されていなければならない])。

− 混合型(エストロゲン及びプロゲストーゲン含有)ホルモン避妊薬(経口剤、膣剤、経皮剤)

− 排卵抑制作用のあるプロゲストーゲン単剤ホルモン避妊薬(経口剤、注射剤、埋込み式)

− 子宮内避妊器具(IUD)の挿入

− 子宮内ホルモン放出装置(IUS)の挿入

− 両側卵管結紮術、又は両側卵管結紮術(最近埋込み式器具が挿入された場合は、完全な結紮が確認かつ記録されるまで被験者は他の有効な避妊法を追加で使用しなければならない)

− 精管切除術済みの男性パートナー(精管切除術済みの男性パートナーは、当該パートナーがFCBP被験者の唯一の性的パートナーであり、かつ外科手術の成功が医学的評価により確認されている場合にのみ有効性の高い避妊法として許容可能となる)

− 異性との性交渉を完全に控える

9. 治験期間中に週1回の皮下投与を受ける意思がある患者。

10. 治験開始前に、ICFの内容を理解し、自由意思で署名できる患者。18歳未満の被験者の場合は、被験者の同意と共に親/代諾者の同意を取得しなければならない。

11. 治験実施計画書上の来院及びその他の規定を遵守する意思があり実行できる患者。


除外基準

1. 本治験の組織学的検査、内視鏡検査及び臨床症状の評価項目に干渉する又は影響を及ぼす可能性があるその他の疾患の臨床的所見又は内視鏡検査所見を有する患者(ロサンゼルス[LA]分類でグレードB以上のびらん性食道炎、バレット食道、食道扁平苔癬、上部消化管出血、アカラシア、炎症性腸疾患、好酸球性胃腸炎の診断[臨床症状及び/又はEGD所見や確認されている胃及び/又は十二指腸粘膜の好酸球増加症]、顕著な裂孔ヘルニア[>3cm]等)。

2. 食道静脈瘤の存在が確認されている患者。

3. 活動性ヘリコバクター・ピロリ感染が確認されている患者、及び/又は現在当該疾患を治療中の患者。

4. 内視鏡検査で食道に重度の構造的異常所見が確認されている患者(スクリーニングEGD時に食道を拡張せずに直径8~10mmの内視鏡を通過させることが不可能な高グレードの狭窄等)。

5. スクリーニング期間中又は初回スクリーニング来院前8週間以内に症状緩和目的の食道拡張処置を実施したか、治験薬投与後48週間以内に食道拡張処置を実施予定の患者。

6. 免疫抑制の所見が確認されている患者、又は初回スクリーニング来院前の薬剤半減期の5倍の期間以内に、全身性免疫抑制薬か免疫調整薬(抗IL-13抗体[本治験の治験薬を除く]、IL-4受容体αアンタゴニスト抗体[デュピルマブ等]、抗IL-5抗体、抗IL-17抗体、抗免疫グロブリンE[IgE]抗体、抗α4β7インテグリン抗体や、その他のモノクローナル抗体、メトトレキサート、シクロスポリン、アザチオプリン、メルカプトプリン、インターフェロンα[IFNα]、腫瘍壊死因子α[TNFα]阻害剤等)の投与を受けている患者。治験中のこれら薬剤の投与はいずれも禁止とする。

7. 現在全身性又は嚥下局所経口剤のコルチコステロイド投与を受けている患者。コルチコステロイド投与歴のあるEoE患者は、初回スクリーニング来院の8週間以内のコルチコステロイド全身投与歴又は4週間以内のコルチコステロイド嚥下局所経口投与歴があってはならない。

8. 現在皮膚疾患に対する高力価の局所コルチコステロイド(増量ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、クロベタゾールプロピオン酸エステル等)の投与を受けている患者。被験者候補は、初回スクリーニング来院8週間以内の皮膚疾患に対する高力価の局所コルチコステロイド投与歴があってはならない。治験中の投与はいずれも禁止とする。

9. 現在EoEの適応症に対するロイコトリエン受容体アンタゴニスト(モンテルカスト等)又はマスト細胞安定薬(クロモグリク酸ナトリウム等)の投与を受けている患者。被験者は、初回スクリーニング来院4週間以内のEoEに対するロイコトリエン受容体アンタゴニスト又はマスト細胞安定薬の投与歴があってはならない。治験中のEoEに対する治療薬の投与はいずれも禁止とする。

10. 現在、食習慣の変更(食材除去食等)で十分なEoE治療効果が認められており、かつ食事療法を完全に遵守できることでEoEの完全奏効を達成した患者(選択基準2及び3に規定する4DD以上の嚥下障害症状基準及びEoE診断の組織学的基準を満たさない患者)。

11. 初回スクリーニング来院6ヵ月以内の経口又は舌下免疫療法歴がある患者。治験中の投与はいずれも禁止とする。皮下投与で免疫化学療法を受けている被験者は初回スクリーニング来院前3ヵ月以上及び治験中に安定した用量で継続投与される場合は参加が許容される。

12. COVID-19の介入治験への参加を含む、その他の治験薬投与を受けている患者。被験者は、他の治験薬の治験に同時に参加してはならない、又は本治験のICF/アセントフォームに署名する前の薬剤半減期の5倍に相当する期間内に他の治験薬の投与歴があってはならない。さらに、初回スクリーニング来院前にCOVID-19治験ワクチン接種を受けた被験者は、治験責任医師等とClinical Trial Physicianの間で協議した上でワクチンの生物学的影響が安定したと判断するまで、登録を延期しなければならない。

13. 初回スクリーニング来院前1ヵ月以内に弱毒生ワクチン接種を受けた患者、又は治験中に弱毒生ワクチン接種が必要になると予想される患者。治験中及び16週の最終安全性追跡調査来院までの期間中の弱毒生ワクチン接種はいずれも禁止とする。

14. 第2相RPC02-201試験、又はいずれかの第1相試験への参加中にCC-93538(旧名称RPC4046及びABT-308)の投与歴がある患者。

15. 治験実施計画書の実施又は治験結果の解釈を困難にするか、本治験に参加した場合に被験者候補をリスクにさらすと考えられるその他の疾患を有している患者(コントロール不良な重度の喘息、好酸球増加症の原因となる感染、好酸球増加症候群、胃炎、大腸炎、セリアック病、EoEに関連するメンデル遺伝病、心血管疾患、EoE症状を正確に記録することが困難な神経学的疾患又は精神疾患等)。

16. 肝機能障害、又はアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ/血清グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ(AST/血清GOT)若しくはアラニンアミノトランスフェラーゼ/血清グルタミン酸ビルビン酸トランスアミナーゼ(ALT/血清GPT)施設基準値上限(ULN)の2 倍か総ビリルビンULNの1.5倍を超える持続的な上昇が認められる患者。総ビリルビンの上昇が臨床的に有意でないジルベール症候群に関連する患者は、参加が許容される。

17. 活動性寄生虫症/蠕虫感染を有するか、寄生虫症/蠕虫感染が疑われる患者。感染が疑われる患者は、必要に応じてランダム割付け前に臨床評価及び臨床検査を実施し、活動性感染でないことが確認された場合は参加が許容される。

18. 進行中の感染症を有する患者(B 型肝炎、C 型肝炎、ヒト免疫不全ウイルス[HIV]、結核等)。

19. スクリーニング前4週間以内に重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARSCoV-2)感染歴がある患者。症状が完全に消失しており、Clinical Trial Physicianと協議した治験責任医師等の判断に基づいて、治験薬の投与を受けた場合に参加者のリスクを高める後遺症がないことを確認する必要がある。

20. 遺伝性フルクトース不耐症(HFI)が確認されている患者。

21. 妊婦又は授乳婦。

22. 免疫グロブリンG(IgG)薬剤に対する特発性アナフィラキシー又は重大な免疫反応(アナフィラキシー反応、アナフィラキシー様反応、血清病等)の既往歴のある患者。

23. スクリーニングの5年以内に、治療が成功した転移のない皮膚扁平上皮癌又は基底細胞癌か、適切に治療された子宮頚部上皮内癌を除く癌又はリンパ増殖性障害の既往歴がある患者。

24. スクリーニング開始前5年以内にアルコール又は薬物乱用の既往歴がある患者。

25. 本治験参加を妨げるような重度の疾患、臨床検査値異常、又は精神疾患を有する患者。

26. 本治験に参加した場合、許容できないリスクにさらされる臨床検査値異常を含む疾患を有する患者。

27. 治験データの解釈に混乱を与える可能性のある状態の患者。

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

導入期24週における評価項目:

・DDの臨床反応の変化量:過去14日間にわたり被験者が記入した毎日の改訂版症状日誌(mDSD)を用いて評価された嚥下障害日数(DD)のベースラインから24週までの平均変化量

・食道内の組織学的奏功(<=6/hpf):24週における高倍率1視野(hpf)あたりの食道組織内好酸球数の最高値が<=6として定義される、食道内組織学的奏効が認められる被験者の割合


第二結果評価方法

導入期24週における主な副次評価項目:

・食道内の組織学的奏功(<15/hpf):24週におけるhpfあたりの食道組織内好酸球数の最高値が<15として定義される、食道内組織学的奏効が認められる被験者の割合

・EREFS:EoE Endoscopic Reference Score(EREFS)で測定したベースラインから24週までのEoE内視鏡検査所見の平均変化量

・EoEHSSグレードスコア:EoE Histology Scoring System(EoEHSS)で測定したベースラインから24週までの組織学的グレードスコア(調整平均)の平均変化量

・EoEHSSステージスコア:EoEHSSで測定したベースラインから24週までの組織学的ステージスコア(調整平均)の平均変化量

・mDSD複合スコア:ベースラインから24週までのmDSD複合スコアの平均変化量

利用する医薬品等

一般名称

Cendakimab


販売名

なし

組織情報

実施責任組織

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社


住所

東京都新宿区西新宿6丁目5番1号