自己免疫性肺胞蛋白症(aPAP)の成人患者に対するモルグラモスチム吸入液1日1回吸入投与時の多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検比較試験

目的

自己免疫性肺胞蛋白症(aPAP)患者におけるモルグラモスチム(molgramostim)の有効性と安全性をプラセボと比較検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

自己免疫性肺胞蛋白症(aPAP)


治験フェーズ

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1. 被験者は,同意説明文書への署名時の年齢が18歳以上であること。日本のみ;被験者は,同意説明文書への署名時の年齢が20歳以上であること。

2. 血清抗GM‐CSF自己抗体検査結果で自己免疫性PAPであることが確認された患者

3. 肺生検,気管支肺胞洗浄(BAL)細胞診,または胸部高分解能コンピュータ断層撮影(HRCT)により,PAPの既往が確認された患者

4. スクリーニング来院時およびベースライン来院時の予測%DLCOが70%以下の患者

5. スクリーニング期間中の予測%DLCOの変化量が15%ポイント未満の患者

6. トレッドミル運動負荷試験で機能障害(最大MET 8以下と規定)が認められた患者

7. トレッドミル運動負荷試験,DLCO評価,および動脈血ガス検体採取の開始前および実施中に,酸素補充を中断する意思があり,また中断が可能な患者

8. スクリーニング来院時に酸素補充を行わずに,15分間,安静時SpO2が85%を超える患者

9. 男性または女性

10. 男性または女性による避妊具の使用が,本治験に参加する患者の避妊法に関する各国・地域の規制に合致していること

a. 男性被験者の場合:治験薬の最終投与中および最終投与後30日までコンドームを使用することに同意する男性患者,または下記のように適切な避妊法を用いている女性パートナーがいる男性患者

b. 女性被験者の場合:閉経後*1年超経過した女性患者,または治験薬の最終投与中および最終投与後30日まで,高効率の避妊法(すなわち,失敗率が1%未満の方法,例えば,併用ホルモン避妊法,プロゲステロン単独ホルモン避妊法,子宮内避妊器具,子宮内ホルモン放出システム,両側卵管閉塞,精管切除済みのパートナー,性的禁欲***)を用いて月経周期が確認された妊娠する可能性のある女性患者**

妊娠する可能性のある女性は,スクリーニング来院時に血清妊娠検査で陰性であり,ベースライン来院時(Visit 3)に尿妊娠検査で陰性であり,かつ授乳中ではないこと

11. 同意説明文書(ICF)および本治験実施計画書に列挙される要件および制限の遵守を含む,付属文書1に示された通り,署名済みの同意説明文書を提出することができる患者

12. 治験責任(分担)医師の判断により,治験実施計画書に規定された定期的な来院,投与計画,臨床検査,およびその他の治験手順を遵守する意思があり,かつ遵守することができる患者


除外基準

1. 遺伝性または続発性PAP,もしくはサーファクタント産生代謝異常と診断された患者

2. ベースライン前3カ月以内に,WLLを実施した患者

3. スクリーニング時またはベースライン時に,WLLを実施する必要がある患者

4. ベースライン前6カ月以内に,GM-CSFの投与を受けた患者

5. ベースライン前6カ月以内に,リツキシマブの投与を受けた患者

6. ベースライン前6週間以内に,血漿交換療法を受けた患者

7. 5半減期以内またはベースライン前3カ月以内のいずれか長い期間に何らかの治験薬の投与を受けた患者

8. 本治験で過去に無作為化された患者

9. GM-CSFまたは本吸入液のいずれかの添加剤に対しアレルギー反応の既往歴がある患者

10. 10 mg / 日を超えるプレドニゾロン全身投与などの著しい免疫抑制を必要とする重症度の炎症性疾患または自己免疫疾患を有する患者

11. 何らかの医薬品のエアロゾル投与中に重度で説明のつかない副作用を発現したことがある患者

12. 骨髄増殖性疾患または白血病の既往歴または現病歴のある患者

13. 明らかな既存の肺線維症を合併している患者, またはaPAP以外の間質性肺疾患と診断された患者

14. 運動により悪化する可能性がある急性または不安定心疾患あるいは肺疾患を有する患者,または主要評価項目の評価を誤る可能性がある疾患を有する患者:肺水腫が認められる, 慢性閉塞性肺疾患(COPD), 肺血管炎または肺高血圧と診断されたなど

15. 治験の有効性評価に影響を与える可能性がある既知の活動性感染症(ウイルス,細菌,真菌,およびマイコバクテリア )を有する患者

16. 安全かつ十分な運動負荷試験の実施の妨げとなる身体障害またはその他の疾患を有する患者

17. 治験責任(分担)医師の判断により本治験の対象として不適当と判断されたその他の重篤な病状が認められる患者

18. 妊婦,本治験期間中に妊娠を予定している患者,または授乳中の患者

19. 心身の障害, 社会経済的状況などにより「社会的弱者」と考えられるすべての患者, または自由を奪われた患者

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

ベースラインから24週時までの予測%DLCOの変化量


第二結果評価方法

• ベースラインから24週時までのSGRQ Total(総スコア)の変化量

• ベースラインから24週時までのSGRQ Activity(活動)スコアの変化量

• ベースラインから24週時までの運動耐容能(最大METで表示)の変化量

• ベースラインから24週時までのA-aDO2の変化量

利用する医薬品等

一般名称

Molgramostim


販売名

未定

組織情報

実施責任組織

Savara Pharmaceuticals


住所

東京都中央区新川一丁目21番2号 茅場町タワー