企業治験

アレルギー性結膜炎に対する0.5% STN1011402眼科用クリームと0.1%エピナスチン塩酸塩点眼液の比較試験

治験詳細画面

目的


アレルギー性結膜炎患者を対象に、新しい眼科用クリームと点眼液の効果を調べるための試験を行う。

基本情報


募集ステータス

研究終了

対象疾患

アレルギー性結膜炎
アレルギー

フェーズ3

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性でも女性でも参加できます。参加する前に書面で同意することが必要で、アレルギー検査で陽性と診断された人が対象です。ただし、アレルギー性結膜炎以外の目の病気を持っている人、妊娠中や授乳中の人、妊娠している可能性がある人、治験期間中に妊娠を希望する人、または適切な避妊ができない人は参加できません。

治験内容


今回の治験は、アレルギー性結膜炎という病気に対する新しい治療法を調べるものです。この治験は、フェーズ3という段階で行われています。主要な評価方法は、患者さんが治療を受ける際の利便性についてアンケートに答えてもらうことです。つまり、治療を受けることがどの程度簡単で、患者さんにとって負担が少ないかを調べることが目的です。

利用する医薬品等


一般名称

エピナスチン塩酸塩

販売名

なし

組織情報


実施責任組織

参天製薬株式会社

大阪府大阪市北区大深町4番20号

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。