保留

若年性特発性関節炎患者に対するバリシチニブの効果と安全性を調べる治験

治験詳細画面

目的


この治験は、18歳未満の若年性特発性関節炎患者を対象に、バリシチニブという薬の安全性と有効性を調べるために行われます。治験は二重盲検無作為化プラセボ対照治療中止試験として行われます。

基本情報


募集ステータス

対象疾患

全身型若年性特発性関節炎
若年性特発性関節炎

フェーズ3

参加条件


この治験に参加できる人は、1歳以上17歳以下の男女です。参加するには、16歳未満で発症し、特定の関節炎と診断された人が必要です。また、3日以上の連日の発熱があり、一過性の紅斑性発疹、全身性のリンパ節腫大、肝腫大及び/又は脾腫、漿膜炎のいずれかの症状がある必要があります。スクリーニング時に、少なくとも2つ以上の関節が活動性を示している必要があります。ただし、多関節炎、少関節炎、付着部炎関連関節炎、若年性関節症性乾癬、前部ぶどう膜炎、クローン病、潰瘍性大腸炎などの特定の病気を持っている人は参加できません。また、活動性の線維筋痛症や慢性疼痛症状、マクロファージ活性化症候群、重篤な感染症、B型肝炎ウイルス検査陽性、活動性結核の所見を持っている人も参加できません。

治験内容


この治験は、若年性特発性関節炎という病気に対する新しい治療法を調べるものです。治験のフェーズは3で、治療の効果や安全性を調べます。治験に参加する患者さんたちは、治療薬を服用してもらい、再発までの期間や病気の症状の改善度などを調べます。また、治療薬の血中濃度や副作用なども調べます。治験に参加することで、新しい治療法の開発に貢献できるかもしれません。

利用する医薬品等


一般名称

バリシチニブ、プラセボ

組織情報


実施責任組織

日本イーライリリー株式会社

-

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。