周術期における運動療法でのタンパク質を含めた栄養補助食品付加の効果に関する研究

臨床研究

目的

予定手術患者において周術期の運動療法時に異なる量のタンパク質を摂取させ,効果の違いを検討すること

参加条件

性別


年齢

1) 消化器がん(食道がん,胃がん,大腸がん) 2) 心疾患(狭心症,心臓弁膜症) 3) 肺がん 4) 運動器疾患(変形性股関節症,変形性膝関節症)


選択基準

男性・女性


除外基準

1) 研究対象者より,同意撤回や中止の申し出があった場合.

2) 選択基準からの逸脱,または除外基準に抵触することが判明した場合.

3) 有害事象が認められ,研究責任(分担)医師により本臨床研究の継続が好ましくないと判断された場合.

4) その他,研究責任(分担)医師が本臨床研究の継続が不適と判断した場合.

治験内容


主要結果評価方法

6分間歩行距離


第二結果評価方法

大腿四頭筋の筋力、最大酸素摂取量、体組成、血液検査、生化学検査、術後合併症,術後在院日数

利用する医薬品等

一般名称

分離ホエイタンパク


販売名

Whey Protein Isolate (WPI895)