3Dプリンタ作製臼歯部クラウンの前向き研究

臨床研究

目的

3Dプリンタ歯冠用硬質レジンで作製した臼歯部クラウンの長期的予後を調査する。治療部位のトラブル(クラウン脱離・破折、支台歯・歯根破折、二次齲蝕)の発生を主要評価項目として調査し、発生因子の特定から本治療における最適な処置方法について探索する。

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    (1) 文書同意取得時の年齢が20歳以上の男女(2) 齲蝕、根管処置歯、クラウン不適合(クラウン治療が必要となる疾患)を有する患者(3) 外来通院が可能な患者(Performance Status:0-2)(4) 本人の自由意思により本臨床研究参加に文書で同意した患者


    除外基準

    (1) 補綴装置の厚みを確保できず、クリアランスゲージによる診査で、厚みが1.5mm未満と判断された患者。(支台歯形成中に判断された場合も除外) (2) 軸面高さを確保できない症例(支台歯形成中に判断された場合も除外)(3) 義歯の支台歯(4) 対合歯が欠損(可撤性義歯は不可、インプラントは可とする)している患者(5) 対象歯が6 mm以上の歯周ポケットを有する患者(6) 自覚・他覚によりブラキシズムが顕著である患者 (7) レジンアレルギーがある患者(8) 妊娠中、妊娠の可能性がある患者(9) 精神病または精神症状を合併し研究参加が困難と判断される患者(10) その他、研究責任医師が参加不適当と判断した患者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    対象歯のトラブル(クラウン脱離、破折、二次齲蝕、歯根破折)


    第二結果評価方法

    (1)辺縁適合性 (2)クラウン表面性状・着色(3)治療部位の咬合摩耗量(対象歯・対合歯)  (4)治療部位の咬合力(5)歯周検査(6)プラーク付着性(7)口腔関連QOL検査

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)