プロバイオティクスによるアスピリン小腸粘膜傷害改善の病態解明

目的

本研究は、アスピリンによる小腸粘膜傷害に対するプロバイオティクスの効果を評価するため、対象を①対照群、②プロトンポンプ阻害剤内服群、③アスピリン・プロトンポンプ阻害剤内服群の3群に分け、Lactobacillus gasseriを6週間服用させることで、プロバイオティクスの小腸粘膜傷害の改善効果を検証するものである。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

アスピリン起因性小腸粘膜傷害


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1) 年齢20才以上

2) 大腸内視鏡検査を行う予定の者

3) 本研究への参加にあたり十分な説明を受け、本人の自由意思により文書による同意を得られた者


除外基準

1) 登録前6ヶ月以内に抗生剤を投与された者

2) 他の乳酸菌製剤を常用している者

3) ヨーグルトなどの乳製品にアレルギーのある者

4) 研究責任者または分担者が不適当と判断した者

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

便中腸内細菌プロファイル


第二結果評価方法

1) Tight junction傷害

2) COX発現

3) 粘膜内プロスタグランジン量

4) 免疫担当細胞の存在比

5) 腸内細菌プロファイル(洗浄液、生検組織)

6) 便中カルプロテクチン量

利用する医薬品等

一般名称

Lactobacillus gasseri/OLL2716


販売名

明治プロビオヨーグルトLG21

組織情報

実施責任組織

東海大学医学部付属八王子病院


住所

東京都八王子市石川町1838