プテロスチルベンを用いたエイジング不妊患者に対する無作為二重盲検化比較対照試験

目的

最近我々は、マウスを用いた動物試験により、レスベラトロール類の一つであるプテロスチルベンが、高齢卵子で減少している抗老化遺伝子SIRTの発現を増加させ、エイジングにより低下したミトコンドリア機能を向上させ、その結果妊娠率が改善することを見出した(特願:2016-187572, PCT/JP2017/34361)。そこで本研究では、動物試験においてエイジング卵子の質の改善に対する有用性を確認したサプリメントであるプテロスチルベン(特願:2016-187572, PCT/JP2017/34361)を用いて、無作為二重盲検化比較対照試験を行い、そのヒトに対する有用性を科学的に検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

不妊症


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

女性


年齢

40歳 以上上限なし


選択基準

(1) 体外受精を施行する不妊女性患者

(2) 同意取得時において年齢が40歳以上の患者

(3) 共同研究機関の外来に通院中の患者

(4) 本試験の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られた患者


除外基準

(1) 試験開始前1性周期以内に、ビタミンD、葉酸と鉄以外のサプリメントを摂取している患者

(2) 卵子凍結を希望される未婚の患者

(3) 不妊原因に重度な造精機能障害、糖尿病、多嚢胞性卵巣症候群の関与が考えられる患者

(4) 本研究に参加経験のある患者

(5) レスベラトロール類に対して食品アレルギーがある患者

(6) その他、試験責任(分担)医師が被験者として不適当と判断した患者

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

受精後5日目の胚盤胞到達率


第二結果評価方法

卵子成熟率(成熟卵子数/採卵卵子数)、受精率(正常受精卵子数/採卵卵子数)、臨床妊娠率(超音波下の胎嚢陽性回数/胚移植回数)、流産率(流産回数/胚移植回数)

利用する医薬品等

一般名称

プテロスチルベン含有食品


販売名

プテロスチルベン

組織情報

実施責任組織

医療法人財団順和会 山王病院


住所

東京都港区赤坂 8-10-16