特定臨床研究

脳腫瘍手術における蛍光診断剤の効果と安全性を調べる試験

治験詳細画面

目的


この治験は、髄膜腫患者に対して5-ALA(アラベル®)を使用した蛍光診断を行い、白色光のみでの手術と比較して、手術摘出度が向上するかどうかを調べるものです。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

髄膜腫

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性または女性であることです。また、脳腫瘍の手術を受けたことがあり、再発している場合でも構いません。手術できる範囲で最大限の摘出を予定していることが必要です。さらに、再発の髄膜腫を最も疑っているか、手術前の画像で特定の所見がある場合に該当します。詳しい説明を受け、同意書に署名できる患者が対象です。ただし、過去に特定のアレルギーや病気がある場合、または妊娠中や授乳中の場合、試験に参加できない場合があります。また、医師が不適格と判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、髄膜腫という病気に対して、新しい治療法を試すものです。治験のフェーズは2で、治験に参加する人たちには、試験薬を投与してもらいます。治験の目的は、5-ALA蛍光診断という方法を使って、腫瘍を摘出する際に、より正確に腫瘍を取り除くことができるかどうかを調べることです。治験の結果は、蛍光診断を使った場合に、追加の腫瘍摘出が必要な症例の割合がどの程度減るか、また、蛍光診断を使った場合に、腫瘍の正確な診断ができるかどうかを調べます。また、試験薬を投与した人たちには、1週間以内に起こった有害事象も調べます。

利用する医薬品等


一般名称

アミノレブリン酸塩酸塩

販売名

アラベル®内用剤1.5gAlabel® Oral 1.5g

組織情報


実施責任組織

筑波大学附属病院

茨城県つくば市天久保2丁目1番地1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。