未熟児動脈管開存症に対するアセトアミノフェン静注療法の安全性に関する臨床試験

臨床研究

目的

早産児の血行動態的有意な未熟児動脈管開存症に対するアセトアミノフェン静注療法が、標準治療であるインドメタシン静注療法よりも腎機能障害発生割合が少ないことをランダム化比較試験にて検証すること。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    0週 以上1週 以下


    選択基準

    ① 在胎期間24週以上35週未満かつ出生体重500 g以上2,000 g未満の児② 生後24時間~7日に試験薬の投与を開始できる児③ 以下の(1)(2)両方を満たす血行動態的有意な動脈管開存症と診断された児 (1) 左右シャント (2) 以下の1つを満たすもの   1) 動脈管内径>1.5 mm   2) 左心房/大動脈比(LA/Ao)>1.5   3) 上腸間膜動脈内または前大脳動脈内の拡張末期逆行性血流④ 代諾者から文書によって同意が得られている児


    除外基準

    ① 動脈管開存症に対する薬物療法治療歴がある児  (ただし脳室内出血予防のためのインドメタシン少量予防投与は許容する)② 登録時点24時間以内のステロイド薬の全身投与歴がある児③ 先天性心疾患(卵円孔開存・左上大静脈遺残は含まず)を有する児④ 先天奇形の児⑤ 胎児水腫を有する児⑥ 重篤な感染症(出生時血液培養陽性)を有する児⑦ 心臓超音波検査により診断された心機能不全(左室駆出率≦40%)または肺高血圧症(卵円孔または動脈管の右左短絡の存在)を有する児⑧ 脳室内出血(グレード3または4)を有する児⑨ 交換輸血を要する高ビリルビン血症を有する児⑩ 壊死性腸炎(Bell分類2または3)を有する児⑪ 胃・消化管穿孔を有する児⑫ 出血傾向(血尿、気管吸引液・胃吸引液・便への血液混入、穿刺部位からの持続する出血)を有する児スクリーニング期間中に血清血清血清クレアチニンクレアチニンクレアチニン(Cr)値>1.5 mg/dLを示した児⑭ 登録直前の24時間尿量<1 mL/kg/Hまたは生後24時間尿量<0.5 mL/kg/Hを示した児スクリーニング期間中に血小板数<50,000 /μlを示した児スクリーニング期間中にALTまたはASTの正常値の2倍以上上昇を示した児  (正常値:ALT 6–50 U/L; AST 35–140 U/L)⑰ 研究責任医師もしくは研究分担担当医師が本研究への参加に不適格と判断した児  (なお、除外基準の判断に使用する検査値は、同意前の検査結果を使用してもよい。)

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    治療開始から治療終了後48時間以内の腎機能障害発生率腎機能障害:以下の内1つを満たすもの  ① 血清クレアチニン値:基準値(スクリーニング期間)から0.3mg/dLまたは1.5倍以上の増加  ② 尿量<1 mL/kg/H(24時間)


    第二結果評価方法

    ① 試験薬投与終了24時間後の動脈管閉鎖割合② 試験薬投与終了24時間後の治療成功割合(血行動態的有意な動脈管開存症からの離脱割合)③ 試験薬投与終了24時間~48時間の動脈管再開通割合④ 試験薬投与開始から投与終了48時間後までの胃・消化管出血の発生割合⑤ 試験薬投与開始から投与終了48時間後までの胃・消化管穿孔の発生割合⑥ 試験薬投与開始から投与終了48時間後までの副作用発現割合⑦ 試験薬投与開始日と投与終了24時間後及び48時間後における以下の検査値の変化 (1) 血小板数 (2) 血清尿素窒素(BUN)値 (3) 血清クレアチニン(Cr)値 (4) 血清ビリルビン(Bil)値 (5) 血清アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)値 (6) 血清アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)値 (7) 血糖値 (8) 24時間尿量(mL/kg/H) (9) 血中NTproBNP

    利用する医薬品等

    一般名称

    アセトアミノフェン、インドメタシン


    販売名

    アセリオ静注液1000mg、インダシン静注用1mg

    同じ対象疾患の治験

    (1件)