特定臨床研究

歯肉炎患者におけるLactiplantibacillus pentosus ONRICb0240含有食品の継続摂取が歯肉の炎症に与える影響についての研究

治験詳細画面

目的


この治験は、Lactiplantibacillus pentosus ONRICb0240を含む食品を摂取することが、歯肉炎患者の歯肉の炎症にどのような影響を与えるかを調べる研究です。

対象疾患


歯肉炎

参加条件


研究終了

この治験に参加するための条件は、20歳以上69歳以下の男女で、20本以上の歯が残っている人です。また、歯肉炎の症状がある人も参加できます。ただし、健康状態に問題がなく、日常生活が自立しており、研究のための来院に支障がない人に限ります。また、妊娠中の女性や授乳中の女性、花粉症やアレルギーなどで抗ヒスタミン薬を使用する可能性がある人、喫煙歴がある人などは参加できません。研究参加に関して文書による同意が必要です。また、研究責任医師が不適当と判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、歯肉炎という病気について研究するものです。研究のタイプは介入研究で、治療法を試すことが目的です。主要な評価方法は、歯周プロービング時の出血(BOP)で、歯肉炎の状態を測定します。また、第二の評価方法として、歯周ポケットの深さ(PPD)、臨床的アタッチメントレベル(CAL)、歯肉炎指数(GI)、プラークコントロールレコード(PCR)を測定します。これらの評価方法で、治療法の効果を調べます。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

一般名称無し(市販実績ある乳酸菌を用いた既存成分・製法によるグミ様食品を被験食品とする)

販売名

未定(未承認)

実施組織


東京医科歯科大学

東京都文京区湯島1-5-45

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。