L. pentosus ONRICb0240乳酸菌の歯肉炎改善効果に関する研究

臨床研究

目的

Lactiplantibacillus pentosus ONRICb0240含有食品の継続摂取が歯肉炎患者の歯肉の炎症指標に及ぼす影響に関する研究

基本情報

募集ステータス募集前

対象疾患

情報なし

お問い合わせ情報

組織

東京医科歯科大学


メールアドレス

eriko.m.osur@tmd.ac.jp


電話番号

03-5803-5500

お医者様とご相談ください

治験内容の理解には医学的な知識が必要です。

治験実施組織に直接お問い合わせになる前に、受信中のお医者さまとご相談してください。

参加条件

性別

男性・女性


年齢
20歳 0ヶ月 0週 以上69歳 0ヶ月 0週 以下

選択基準

1)同意取得時の年齢が20~69歳の男女。2)20本以上の歯が残存している者。3)以下の歯肉炎が疑われる症状(「歯周病セルフチェック」(8020推進財団策定版)より)のいずれか1つ以上に該当する者。 (A)歯を磨いた後、歯ブラシに血が付いたり、すすいだ水に血が混じることがある。(B)歯と歯の間の歯ぐきが、鋭角的な三角形ではなく、うっ血していてブヨブヨしている。(C)指でさわってみて、少しグラつく歯がある。(D)歯ぐきから膿が出たことがある。4)

の歯周組織検査において、BOPが5%以上40%未満の者。5)健康状態に重大な問題がなく、日常生活が自立しており、研究のための来院に支障がない者。6)研究参加に関して文書による同意が得られた者


除外基準

1)

スクリーニング検査検査における無刺激唾液分泌量が0.5g/10分未満の者。2)妊婦または妊娠の可能性のある女性、及び研究期間中に妊娠を希望する女性。3)授乳中の女性。4)ゼラチン及び糖アルコールに対する過敏症の既往がある者。5)研究参加期間中に歯科治療(歯科矯正を含む)が必要となる可能性がある者。6)12か月以内に智歯(親知らず)抜歯、矯正治療での便宜抜歯以外の抜歯処置を受けている者。7)3か月以内に抗菌薬(抗生剤・抗生物質)を服用した者。8) カルシウム拮抗薬、抗てんかん薬、免疫抑制剤を常用している者。9)花粉症やアレルギーなどにより、研究期間中に抗ヒスタミン薬を使用する可能性のある者。10)1年以内に喫煙歴のある者。11)6か月以内に歯科治療または歯科医院でクリーニングを実施した者。12)本研究で規定する制限事項を守れない者。13)他の研究に参加し、その終了から1か月以上経過していない者。14)その他、研究責任医師が本研究への参加が不適当と判断した者。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

歯周プロービング時の出血(BOP)


第二結果評価方法

歯周ポケットの深さ(PPD)臨床的アタッチメントレベル(CAL)歯肉炎指数(GI)プラークコントロールレコード(PCR)

利用する医薬品等

一般名称

一般名称無し (市販実績ある乳酸菌を用いた既存成分・製法によるグミ様食品を被験食品とする)


販売名

未定(未承認)

組織情報

実施責任組織

東京医科歯科大学


住所

東京都文京区湯島1-5-45

LOADING ..


同じ対象疾患の治験

(1件)