術中脳波モニタリングを用いた吸入麻酔薬の調節で小児の術後せん妄と興奮を予防するランダム化比較試験

臨床研究

目的

小児の全身麻酔に脳波モニタリングを用いて全身麻酔薬への暴露を減らす管理を行うことで、従来の方法と比較して術後せん妄や興奮(PAED)を軽減できるかどうか検証する。また、脳波の特徴からPAEDの病態や発症の背景、予防について考察する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

1歳 以上6歳 未満


選択基準

全身麻酔下で30分以上の手術が予定された患者

同意取得時点または手術予定日に1歳以上、6歳未満である患者

術後痛が少ない、または術後鎮痛が容易な術式が予定された患者


除外基準

脳波センサの貼付が困難な患者(皮膚の異常、術野との干渉など)

脳波や覚醒状態の評価を困難とする神経疾患などの既往がある患者

その他、麻酔科医が本研究の対象として不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

Pediatric Anesthesia Emergence Delirium (PAED) スコア


第二結果評価方法

麻酔薬への曝露量

利用する医薬品等

一般名称

セボフルラン


販売名

セボフルラン吸入麻酔液「ニッコー」