近方視を強化した連続焦点型眼内レンズの臨床成績:3焦点眼内レンズとの比較

目的

連続焦点型眼内レンズ(IOL)の両眼挿入後における両眼視力、両眼コントラスト感度を評価し、3焦点IOLを挿入した場合との効果の差異を検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

白内障


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

60歳 以上79歳 以下


選択基準

1) 両眼白内障手術を予定し、多焦点IOLが挿入可能な患者

2) 年齢は60歳から79歳までの患者

3) 両眼とも術後屈折が正視目標である患者


除外基準

1) ぶどう膜炎、急性眼疾患、眼内外での感染症、糖尿病網膜症、緑内障、落屑症候群、病的縮瞳、円錐角膜、角膜内皮ジストロフィー、チン小帯脆弱など、視機能に影響する眼疾患を有する患者

2) 内眼手術および角膜手術の既往歴がある患者

3) その他、全身的、眼科的疾患を伴うなどを理由として医師が不適当と判断した患者

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

対象(連続焦点型)IOL挿入後3か月時の距離30 cm, 40 cmでの遠方矯正下両眼視力が、対照(3焦点)IOL挿入後3か月時の同距離での遠方矯正下両眼視力と差がないかを評価する

対象と対照IOL挿入後3か月時における、自覚されている光障害の重度に差がないかを評価する。


第二結果評価方法

副次評価項目

・対象IOL挿入後3か月時の遠方と1 m, 40 cmでの両眼コントラスト感度が、対照IOL挿入後3か月時の同両眼コントラスト感度と差がないかを評価する

その他の評価項目

・主要評価項目、副次評価項目以外の有害事象、製品の不具合を評価

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

東京歯科大学水道橋病院


住所

東京都千代田区神田三崎町2-9-18